長野県池田町にある公認MTBトレイルを走ったVol.3 池田のトレイルには、未来があるのだ

2018/02/01

長野県池田町にある公認MTBトレイルを走ったVol.3 池田のトレイルには、未来があるのだ

池田町ローカルの協力を得たランドルは、マウンテンバイクというスポーツの楽しさを、走り、作り、そして人を呼び、町に証明した話と、愛しの Camber について。

長野県池田町にある公認MTBトレイルを走ったVol.1はこちら>
長野県池田町にある公認MTBトレイルを走ったVol.2はこちら>

地元イベント開催でちょっとした騒ぎに
マウンテンバイククラブのメンバーとして、地元のためにトレイルのメンテを手伝うこと。トレイルメンテとは、土をいじるということだけではない。

倒木を片付けて草刈りをし、ゴミを拾うという地道な作業の繰り返しだ。

こうしてメンテナンス作業を続けていくうちに、マウンテンバイクというものに、トレイルを乗るということに、そして子どもたちには乗り方を伝えていく。そうこうしているうちに、地元の教育委員会の人もやってきて、乗っていった。

マウンテンバイククラブのメンバーが増え、メンバーの力で少しずつトレイルは広がった。そのトレイル群を舞台に、『ポーカーラリー』という仲間内イベントを開催。マウンテンバイクのオリエンテーリングのようなもの、チェックポイントにトランプのカードがあって、それを集めて結局最後はポーカーの役で勝負が決まる、といった楽しいレースだ。口コミで伝わって、ちょっとした騒ぎになるぐらい人が集まった。

これが2017年の模様、YOUTUBEの映像。超楽しそう。

「その様子を見た地元の観光協会の人が『宣伝全然しないのに、こんなに人が来るのか!』って驚いてくれて。それから協力してもらえるようになったんだ」

協力内容は、「観光協会の名義で看板を立てさせてくれたり、地主さんとのネットワークをつないでくれたり、問題が起こったらいっしょにその場に行って頭を下げてくれたり」

トレイルをメンテナンスし続けることが結果として、トレッキングコースとして町の資源として活用できるということでもある。町主催のトレッキングイベントでは、このトレイル群も使われている。

現在もトレイルのメンテナンス(と拡張作業)は、『池田マウンテンバイククラブ』が行っている。そのマウンテンバイクに対する活動への町の理解が、例えばルート看板を設置できることに現れている。

池田のトレイルには、未来があるのだ
「マウンテンバイクは生涯スポーツだからね」とランドル。ものすごい当たり前のことだ。「子どももできる、もちろんそれを見ている大人だってできる。乗り始めればずっと走っていられる。60歳を超えて始める人だってたくさんいる」

次の4月からランドルは池田町で、アフタースクールとしてマウンテンバイクの教室を始める。町からオファーがあって、これから新たなルートも作らなきゃいけない。

「池田のみんなで作ってきたマウンテンバイクのコースを、将来に受け継いでいきたい。池田の人々に、そして僕の息子の世代にも」。

ランドルは池田町に素敵な自宅を建てた。息子はそろそろ、ちょっと難しめのトレイルにも挑戦し始めている。そしてランドルは、池田町のマウンテンバイク先生になる。「外国人であることは、たまに大変だけど、たまにいいこともあるよ」

「それに結局、マウンテンバイカーは、ゴミを捨てないんだよね」とランドル。 結局俺たちマウンテンバイカーは、荒くれ者っぽくてその実マナーがいいので、受け入れてもらえているのだ。そう思うだろう?

だから、ここ、池田のトレイルで走るときは気をつけて楽しもう。この里山にはみんなの未来がある。まずシャトルランは禁止、ゴミは捨てない、歩く人に気をつける、挨拶する。それだけだ。

自分の脚とマシンが向き合ったとき、総勢32kmのトレイルをどれだけ楽しめるだろう。

この先は、『池田マウンテンバイククラブ』のFacebookページから、道を開いてほしい。
『池田マウンテンバイククラブ』のFacebookページはこちら>

そしてこのシリーズを締めくくるにあたり、愛しのCamberの話をしよう。

ずっと Camber が好きだったのだ。130mmストローク前後サス、十分なのだ。そして上位のStump Jumperの陰に隠れ、名機としてずっとアルミモデルが、手頃な価格で販売されてきた、「もうこれでいい」マウンテンバイク Camber 。 そのCamberが、ついにその価値を認められ、2018年にカーボンモデルにアップデート! いやっほう!
CAMBER FSR MEN COMP CARBON27.5をチェックする>

見てくれ、このグリーンのキャンディー・ラメフレーク。カーボンのとろける造形と相まって舐めたくなるね。

そしてこのリアサス周りの造形だ。いろんな方向から見ると、「すげえなあ」って思うよ。もちろん最高の動き心地、ホルストリンクの4バー、超素直な動き心地をFOXサスでコントロール! 最新技術すげえ。軽いしね

そして、こんなところにこんな工具が隠れていたりする。SWATは。必要なもの全部あるから大丈夫! っていう、ライフスタイルとしてのマウンテンバイク・ライドの提案。最近ぶっ飛んでるスペシャらしいやり方。

「予備チューブとかは、ダウンチューブに入れて!」って。

「カーボンだけど、ガードあるから心配ないよ!」っていう気配りとか。

とにかく Camber だ。マウンテンバイクというライドの楽しさを存分に味わえる、マニア好みの一台という位置付けが今、メインステージへと躍り出た。最高級のカーボンモデルは、ライド中の一体感がさらに出て、登り返しとかをヒュンヒュン行けたので、より乗れるようになった気がしたけれど、アルミモデルでも十分に、存分に楽しいと思う。今もやっぱりおすすめだ。

CAMBER FSR MEN COMP CARBON27.5をチェックする>

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【筆者紹介】中村浩一郎 
46才、マウンテンバイク歴25年の物書き。池田町の公認トレイルの話は、何年もかけて「ここに根付くぞ」という意思を持った人が、人生をかけてじっくりとやっていること。池田町のトレイルを楽しむ僕らにできるのは、全国チェーンのコンビニではなく、地元の店で食べ、地元になにか還元すること。ハーブの苗なんかいいんじゃないかな。
信州あづみ野 池田町のホームページはこちら>

【関連記事】
長野県池田町にある公認MTBトレイルを走ったVol.1(2018年1月18日)
長野県池田町にある公認MTBトレイルを走ったVol.2 在日カナダ人のトレイルづくり、負けられない2度目の挑戦(2018年1月26日)

2018/02/01

長野県池田町にある公認MTBトレイルを走ったVol.3 池田のトレイルには、未来があるのだ

池田町ローカルの協力を得たランドルは、マウンテンバイクというスポーツの楽しさを、走り、作り、そして人を呼び、町に証明した話と、愛しの Camber について。

長野県池田町にある公認MTBトレイルを走ったVol.3 池田のトレイルには、未来があるのだ

長野県池田町にある公認MTBトレイルを走ったVol.1はこちら>
長野県池田町にある公認MTBトレイルを走ったVol.2はこちら>

地元イベント開催でちょっとした騒ぎに
マウンテンバイククラブのメンバーとして、地元のためにトレイルのメンテを手伝うこと。トレイルメンテとは、土をいじるということだけではない。

倒木を片付けて草刈りをし、ゴミを拾うという地道な作業の繰り返しだ。

こうしてメンテナンス作業を続けていくうちに、マウンテンバイクというものに、トレイルを乗るということに、そして子どもたちには乗り方を伝えていく。そうこうしているうちに、地元の教育委員会の人もやってきて、乗っていった。

マウンテンバイククラブのメンバーが増え、メンバーの力で少しずつトレイルは広がった。そのトレイル群を舞台に、『ポーカーラリー』という仲間内イベントを開催。マウンテンバイクのオリエンテーリングのようなもの、チェックポイントにトランプのカードがあって、それを集めて結局最後はポーカーの役で勝負が決まる、といった楽しいレースだ。口コミで伝わって、ちょっとした騒ぎになるぐらい人が集まった。

これが2017年の模様、YOUTUBEの映像。超楽しそう。

「その様子を見た地元の観光協会の人が『宣伝全然しないのに、こんなに人が来るのか!』って驚いてくれて。それから協力してもらえるようになったんだ」

協力内容は、「観光協会の名義で看板を立てさせてくれたり、地主さんとのネットワークをつないでくれたり、問題が起こったらいっしょにその場に行って頭を下げてくれたり」

トレイルをメンテナンスし続けることが結果として、トレッキングコースとして町の資源として活用できるということでもある。町主催のトレッキングイベントでは、このトレイル群も使われている。

現在もトレイルのメンテナンス(と拡張作業)は、『池田マウンテンバイククラブ』が行っている。そのマウンテンバイクに対する活動への町の理解が、例えばルート看板を設置できることに現れている。

池田のトレイルには、未来があるのだ
「マウンテンバイクは生涯スポーツだからね」とランドル。ものすごい当たり前のことだ。「子どももできる、もちろんそれを見ている大人だってできる。乗り始めればずっと走っていられる。60歳を超えて始める人だってたくさんいる」

次の4月からランドルは池田町で、アフタースクールとしてマウンテンバイクの教室を始める。町からオファーがあって、これから新たなルートも作らなきゃいけない。

「池田のみんなで作ってきたマウンテンバイクのコースを、将来に受け継いでいきたい。池田の人々に、そして僕の息子の世代にも」。

ランドルは池田町に素敵な自宅を建てた。息子はそろそろ、ちょっと難しめのトレイルにも挑戦し始めている。そしてランドルは、池田町のマウンテンバイク先生になる。「外国人であることは、たまに大変だけど、たまにいいこともあるよ」

「それに結局、マウンテンバイカーは、ゴミを捨てないんだよね」とランドル。 結局俺たちマウンテンバイカーは、荒くれ者っぽくてその実マナーがいいので、受け入れてもらえているのだ。そう思うだろう?

だから、ここ、池田のトレイルで走るときは気をつけて楽しもう。この里山にはみんなの未来がある。まずシャトルランは禁止、ゴミは捨てない、歩く人に気をつける、挨拶する。それだけだ。

自分の脚とマシンが向き合ったとき、総勢32kmのトレイルをどれだけ楽しめるだろう。

この先は、『池田マウンテンバイククラブ』のFacebookページから、道を開いてほしい。
『池田マウンテンバイククラブ』のFacebookページはこちら>

そしてこのシリーズを締めくくるにあたり、愛しのCamberの話をしよう。

ずっと Camber が好きだったのだ。130mmストローク前後サス、十分なのだ。そして上位のStump Jumperの陰に隠れ、名機としてずっとアルミモデルが、手頃な価格で販売されてきた、「もうこれでいい」マウンテンバイク Camber 。 そのCamberが、ついにその価値を認められ、2018年にカーボンモデルにアップデート! いやっほう!
CAMBER FSR MEN COMP CARBON27.5をチェックする>

見てくれ、このグリーンのキャンディー・ラメフレーク。カーボンのとろける造形と相まって舐めたくなるね。

そしてこのリアサス周りの造形だ。いろんな方向から見ると、「すげえなあ」って思うよ。もちろん最高の動き心地、ホルストリンクの4バー、超素直な動き心地をFOXサスでコントロール! 最新技術すげえ。軽いしね

そして、こんなところにこんな工具が隠れていたりする。SWATは。必要なもの全部あるから大丈夫! っていう、ライフスタイルとしてのマウンテンバイク・ライドの提案。最近ぶっ飛んでるスペシャらしいやり方。

「予備チューブとかは、ダウンチューブに入れて!」って。

「カーボンだけど、ガードあるから心配ないよ!」っていう気配りとか。

とにかく Camber だ。マウンテンバイクというライドの楽しさを存分に味わえる、マニア好みの一台という位置付けが今、メインステージへと躍り出た。最高級のカーボンモデルは、ライド中の一体感がさらに出て、登り返しとかをヒュンヒュン行けたので、より乗れるようになった気がしたけれど、アルミモデルでも十分に、存分に楽しいと思う。今もやっぱりおすすめだ。

CAMBER FSR MEN COMP CARBON27.5をチェックする>

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【筆者紹介】中村浩一郎 
46才、マウンテンバイク歴25年の物書き。池田町の公認トレイルの話は、何年もかけて「ここに根付くぞ」という意思を持った人が、人生をかけてじっくりとやっていること。池田町のトレイルを楽しむ僕らにできるのは、全国チェーンのコンビニではなく、地元の店で食べ、地元になにか還元すること。ハーブの苗なんかいいんじゃないかな。
信州あづみ野 池田町のホームページはこちら>

【関連記事】
長野県池田町にある公認MTBトレイルを走ったVol.1(2018年1月18日)
長野県池田町にある公認MTBトレイルを走ったVol.2 在日カナダ人のトレイルづくり、負けられない2度目の挑戦(2018年1月26日)

CALENDAR/カレンダー

<< 2018年12月 >>

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

TAG/タグ

TAG/タグ