女性ライダーのMy Specialized Bike「ライドは楽しいダイエット!」Keyさん/スペシャライズド東京

2016/01/29

女性ライダーのMy Specialized Bike「ライドは楽しいダイエット!」Keyさん/スペシャライズド東京

女性ライダーのスペシャライズドバイク、ご覧になりませんか?スペシャライズド東京の女性スタッフに、マイバイクへの想いやライドの楽しみついてインタビューしました!

街で颯爽とスポーツバイクに乗る女性が増えてきましたね。

スポーツバイクを始めたい!という女性にとってバイク選びはとても重要。私たちも「どうやってバイクを選んだらいいの?」とお悩みの女性の声をよく聞くようになりました。また、すでにお持ちの方からは「他の女性がどんなバイクに乗っているのか見てみたい!」「どんなライドをしているの?」といった声も。

そこで、日ごろスペシャライズドに乗っている女性ライダーの「マイバイク」を見せてもらいました。

初回はスペシャライズドコンセプトストア「スペシャライズド東京」のKey(きぃ)さんです。Keyさんは先日ハーフマラソンに出場されたばかり!アクティブな彼女のマイバイクへの想いやライドの楽しみについてお聞きしました。


(北アルプス山麓グランフォンドにて。写真左がKeyさんです!
北アルプス山麓グランフォンドでのイベントレポートはこちら

−ハーフマラソン完走お疲れ様でした!以前からマラソンはされていたのですか?

「ありがとうございます!マラソンは初体験です。これまで長距離ランは苦手だったのですが、社内にフルマラソン完走者がたくさんいるので挑戦してみたいなとずっと思っていました。だって、フルマラソン完走!ってかっこよくないですか?笑」

「それで先日、社内のメンバーとハーフに参加しました。もっとトレーニングをして次はフルに挑戦したいですね。」

−苦手だったのに挑戦しようという意識はすごいですね。

「色々な事に挑戦する同僚がいるので、私もやる!ってチャレンジしやすいです。仲間がいないときっとやらないですね。いや〜でも、ハーフで充分しんどかった....笑」


(スタート前のスペシャライズド社員と、エンデュアライフの竹谷賢二さん)

−バイクはいつから乗っているのですか?

「乗り出したのは30歳過ぎてからです。最初はマウンテンバイクでした。その時代、マウンテンバイクがブームだったんですよ。」

−マウンテンバイクからだったのですね!始めたきっかけは?

「スペシャライズドに入社する前、友人がチームでマウンテンバイクのレースに出場していたんです。見に行ったら面白そうな遊びだなぁと。それから周りの人に教えてもらいながら始めました。」

−ロードバイクはその後挑戦したのですね。

「そうです。先輩のお下がりをもらえることになって、ロードバイクにも乗るようになりました。最初は前傾姿勢が怖くて、ロードバイクにフラットハンドルをつけていました。」

−スペシャライズドに入社してからは?

「最初はマウンテンバイクのStumpjumper HTを購入しました。」

「ロードバイクは2012年モデルのRuby Pro(ルビー プロ)を購入しました。黒ベースに赤白のラインが入っているデザインに一目惚れして。それがたまたまRubyだったんですね。コンポーネントはシマノのDura-Aceです。いまでもこのバイクを愛用しています。そろそろ次を買おうかなと考えているところです。」


 

「最初は車種の違いについての知識もなく色で選びました。結果的には大正解でしたね。私はレースよりもロングライドが好きなので、路面からの衝撃を和らげてくれる機能を備えたRubyなら疲れ知らずで楽しめます。今もとても気に入っています。」

−バイクへのこだわりを教えてください。

「色々ありますよ〜。まず、ステッカー。桜が気に入っています。すぐ自分のバイクだと分かります。ビールが好きなのでフロントフォークには麒麟もいます。」

「他にも女子のたしなみ、タオルをここに入れています。日焼け止めもね。」

−ギアは何をお使いですか?

「ヘルメットは、S-Works Prevail(プリヴェイル)とS-Works Evade(イヴェード)を使い分けています。100kmを越すようなロングライドの時はPrevailを使っています。通勤は見た目重視でEvadeを使っています。シュっとしているから。笑」


(バイクのカラーにもよく合っているEvadeですね。)

「グローブは季節によって使い分けていますが、Body Geometry Gel Glove Women’sが多いですね。シューズは2016年モデルとして新登場のS-Works 6 Roadです!」

「サングラスはオークリーの度が入ったものを使っています。今まではコンタクトにサングラスでしたが、度つきサングラスの方が私にとっては目にも優しくて便利です。偏向グラスなので夜も見えやすいし、とても重宝しています。」

「ケグには、チューブやチェーンリングを入れています。ライドの必需品ですね。」

「メーターはGarminをつけています。あると励みになります。何キロ走った!とか、時速何キロ出したとか!数字で見られるのはいいですね。今日はいっぱい走ったなぁ、と思ったら意外に距離走っていなかったりね。笑」

−あるあるですね。(笑)Keyさんはどのようなライドをされますか?

「メインは通勤です。昨日食べすぎたなぁ、っていう日はコースを変更して少し長く走ります。都内の自宅から新宿のお店まで3パターンくらいコースを決めていて、気分によって通るコースを変えています。気分がよくなって決めているコースより長く走る時もありますよ。」

「お休みの日は、おいしい食べ物を求めてライドします。必ず食べ物屋さんを目当てにしていますね。笑」


(麻布にあるお気に入りのメキシカンレストランにて。)

−どんなところに行かれるんですか?

「横浜まで行って、赤レンガにタッチして帰ってきたり。その時は、帰りにホルモンを食べてきました!道に迷ったりもしたので、都内の自宅と往復70kmくらいでしたね。」

「他にも、荒川サイクリングロードやお台場にもよく行きます。」

−スペシャライズド東京でのライドイベントなどはありますか?

「先日、お店でTest The Best(スペシャライズドの試乗会)を開催しました。その時に女子ライドを行いました!今後はもっと頻繁に女子ライドを企画していきたいと考えています。個人的な夢としてはMTB女子も増やしたいですね。」
先日行われたスペシャライズド東京での試乗会の様子はこちら

−Keyさんにとってライドの楽しみは何ですか?

「ダイエットですね。おいしいお酒を飲んで、おいしいものを食べるための、楽しいダイエットです。この年齢でも健康診断は引っかからないですよ。健康です。」

「ダイエットのためには週末にまとめて乗るのではなくて、短い距離でも毎日コンスタントに乗ることがよいのかもしれないですね。」

−バイクに乗って実際にシェイプアップしたところはありますか?

「おしりです。小さくなりました。」

「よく女性に心配されますけど、脚が太くなることはありません。ロードレースの選手はみんな細身ですし、正しいポジションで乗れば脚は細くなります。」


(スペシャライズドがAMIRAを提供している『ボエルス・ドルマンス』。選手は細身です!)

−正しいポジションとの話が出てきましたが、ボディージオメトリーフィットは受けていますか?

「1年に1回受けています。そのたびに少しずつポジションが変わりますよ。自分の体の柔軟性であったり、肉付きであったり…その人の乗り方も日々変わるし、乗るペースによっても出せるポジションが変わります。お客様にも定期的に受けることをオススメしています。」

−Keyさんご自身もフィットテクニシャンですよね。

「そうです。月に3〜4回ほど予約枠を持っています。乗っていて何か違和感があったらボディージオメトリーフィットを受けてもらえればいいと思います。皆さま、お待ちしています!」

−ライドの楽しみ、他にもありますか?

「バイクに乗っていなかったら知り合えなかった人と知り合え、利害関係なく仲間ができるのはいいことですよね。魅力の一つだと思います。よく一緒に行くライド仲間に、大きい会社の役員をしている人もいました。バイクに乗っていなかったら私は絶対に出会うことがない人ですね。」

「あと、女子だけでライドすると本当に楽しいです。初対面でもバイクというつながりだけですぐ打ち解けて、コーヒーを飲めますからね。女子ライドで一番大切なことは時間管理ですよ。しゃべり過ぎて時間を忘れたり、さあカフェを出ようと思ったら、順番にお手洗いに行ったりするでしょ。その間にまたおしゃべりが始まっちゃったりね。笑」

(先日ストアで行われた女子ライドでの一枚。)

「私にとってロードバイクは乗ることはもちろんですが、乗っておいしいものを食べ、人とコミュニケーションをとることに、より楽しさを感じます。」

−その点はマウンテンバイクとは違いますか?

「そうですね。私にとっては違います。マウンテンバイクは乗ることそのものが楽しいです。」

「マウンテンバイクとロードバイクは全く違う楽しみがあると思っています。私は犬が大好きなのですが、犬にも大型犬と小型犬とそれぞれに違う良さがあるでしょ。どちらがいいとかではなくて、どちらにも違うかわいさ、魅力がありますよね。バイクも同じです。」

−次に狙っているロードバイクはありますか?

「次はDiscブレーキのRubyが欲しいです。ギアを電動にしたらライドも楽になって、より楽しめると思うんです。今年買おうと考えていたのですが、今のRuby Proも気に入っているのでまだ悩んでいます。ただ、私はやっぱりRubyが好きなので、次もRubyにすることは決めています。」

Keyさんの人柄が伝わってくる、楽しいインタビューになりました。
Keyさん、ありがとうございました!

○お店紹介
スペシャライズド東京(すぺしゃらいずどとうきょう)
〒160-0023 東京都新宿区西新宿8-16-2 新宿グランドウィング 1F
03-5332-5900
営業時間:11:00 - 20:00(不定休)

スペシャライズドのコンセプトストア。スペシャライズドの世界観を余すところなく表現した空間です。約60台の完成車を常時ご覧いただくことが可能なだけでなく、用品、アパレルを網羅。ボディージオメトリーフィットも完全予約制で実施するほか、インストアセミナー、走行会など、皆さまの自転車ライフをもっと楽しんでいただけるようなイベントを随時行ってまいります。

お店からのコメント:「女性のスタッフが数名おりますので、洋服を見るように、ウィンドウショッピングをするような気分でお店に来てください。バイクやライドについての質問もお答えしますし、コーヒーを用意して待っています。お気軽に遊びに来てください!」


(和気あいあいとしたスタッフです!)

関連記事:
スペシャライズドによる女性のためのロードバイクイベント開催します!(2015年12月28日)
ランを楽しむアクティブな女性にスペシャルなライド体験を! 『RunGirl★Night Vol.6』イベントレポート(2015年9月30日)

2016/01/29

女性ライダーのMy Specialized Bike「ライドは楽しいダイエット!」Keyさん/スペシャライズド東京

女性ライダーのスペシャライズドバイク、ご覧になりませんか?スペシャライズド東京の女性スタッフに、マイバイクへの想いやライドの楽しみついてインタビューしました!

女性ライダーのMy Specialized Bike「ライドは楽しいダイエット!」Keyさん/スペシャライズド東京

街で颯爽とスポーツバイクに乗る女性が増えてきましたね。

スポーツバイクを始めたい!という女性にとってバイク選びはとても重要。私たちも「どうやってバイクを選んだらいいの?」とお悩みの女性の声をよく聞くようになりました。また、すでにお持ちの方からは「他の女性がどんなバイクに乗っているのか見てみたい!」「どんなライドをしているの?」といった声も。

そこで、日ごろスペシャライズドに乗っている女性ライダーの「マイバイク」を見せてもらいました。

初回はスペシャライズドコンセプトストア「スペシャライズド東京」のKey(きぃ)さんです。Keyさんは先日ハーフマラソンに出場されたばかり!アクティブな彼女のマイバイクへの想いやライドの楽しみについてお聞きしました。


(北アルプス山麓グランフォンドにて。写真左がKeyさんです!
北アルプス山麓グランフォンドでのイベントレポートはこちら

−ハーフマラソン完走お疲れ様でした!以前からマラソンはされていたのですか?

「ありがとうございます!マラソンは初体験です。これまで長距離ランは苦手だったのですが、社内にフルマラソン完走者がたくさんいるので挑戦してみたいなとずっと思っていました。だって、フルマラソン完走!ってかっこよくないですか?笑」

「それで先日、社内のメンバーとハーフに参加しました。もっとトレーニングをして次はフルに挑戦したいですね。」

−苦手だったのに挑戦しようという意識はすごいですね。

「色々な事に挑戦する同僚がいるので、私もやる!ってチャレンジしやすいです。仲間がいないときっとやらないですね。いや〜でも、ハーフで充分しんどかった....笑」


(スタート前のスペシャライズド社員と、エンデュアライフの竹谷賢二さん)

−バイクはいつから乗っているのですか?

「乗り出したのは30歳過ぎてからです。最初はマウンテンバイクでした。その時代、マウンテンバイクがブームだったんですよ。」

−マウンテンバイクからだったのですね!始めたきっかけは?

「スペシャライズドに入社する前、友人がチームでマウンテンバイクのレースに出場していたんです。見に行ったら面白そうな遊びだなぁと。それから周りの人に教えてもらいながら始めました。」

−ロードバイクはその後挑戦したのですね。

「そうです。先輩のお下がりをもらえることになって、ロードバイクにも乗るようになりました。最初は前傾姿勢が怖くて、ロードバイクにフラットハンドルをつけていました。」

−スペシャライズドに入社してからは?

「最初はマウンテンバイクのStumpjumper HTを購入しました。」

「ロードバイクは2012年モデルのRuby Pro(ルビー プロ)を購入しました。黒ベースに赤白のラインが入っているデザインに一目惚れして。それがたまたまRubyだったんですね。コンポーネントはシマノのDura-Aceです。いまでもこのバイクを愛用しています。そろそろ次を買おうかなと考えているところです。」


 

「最初は車種の違いについての知識もなく色で選びました。結果的には大正解でしたね。私はレースよりもロングライドが好きなので、路面からの衝撃を和らげてくれる機能を備えたRubyなら疲れ知らずで楽しめます。今もとても気に入っています。」

−バイクへのこだわりを教えてください。

「色々ありますよ〜。まず、ステッカー。桜が気に入っています。すぐ自分のバイクだと分かります。ビールが好きなのでフロントフォークには麒麟もいます。」

「他にも女子のたしなみ、タオルをここに入れています。日焼け止めもね。」

−ギアは何をお使いですか?

「ヘルメットは、S-Works Prevail(プリヴェイル)とS-Works Evade(イヴェード)を使い分けています。100kmを越すようなロングライドの時はPrevailを使っています。通勤は見た目重視でEvadeを使っています。シュっとしているから。笑」


(バイクのカラーにもよく合っているEvadeですね。)

「グローブは季節によって使い分けていますが、Body Geometry Gel Glove Women’sが多いですね。シューズは2016年モデルとして新登場のS-Works 6 Roadです!」

「サングラスはオークリーの度が入ったものを使っています。今まではコンタクトにサングラスでしたが、度つきサングラスの方が私にとっては目にも優しくて便利です。偏向グラスなので夜も見えやすいし、とても重宝しています。」

「ケグには、チューブやチェーンリングを入れています。ライドの必需品ですね。」

「メーターはGarminをつけています。あると励みになります。何キロ走った!とか、時速何キロ出したとか!数字で見られるのはいいですね。今日はいっぱい走ったなぁ、と思ったら意外に距離走っていなかったりね。笑」

−あるあるですね。(笑)Keyさんはどのようなライドをされますか?

「メインは通勤です。昨日食べすぎたなぁ、っていう日はコースを変更して少し長く走ります。都内の自宅から新宿のお店まで3パターンくらいコースを決めていて、気分によって通るコースを変えています。気分がよくなって決めているコースより長く走る時もありますよ。」

「お休みの日は、おいしい食べ物を求めてライドします。必ず食べ物屋さんを目当てにしていますね。笑」


(麻布にあるお気に入りのメキシカンレストランにて。)

−どんなところに行かれるんですか?

「横浜まで行って、赤レンガにタッチして帰ってきたり。その時は、帰りにホルモンを食べてきました!道に迷ったりもしたので、都内の自宅と往復70kmくらいでしたね。」

「他にも、荒川サイクリングロードやお台場にもよく行きます。」

−スペシャライズド東京でのライドイベントなどはありますか?

「先日、お店でTest The Best(スペシャライズドの試乗会)を開催しました。その時に女子ライドを行いました!今後はもっと頻繁に女子ライドを企画していきたいと考えています。個人的な夢としてはMTB女子も増やしたいですね。」
先日行われたスペシャライズド東京での試乗会の様子はこちら

−Keyさんにとってライドの楽しみは何ですか?

「ダイエットですね。おいしいお酒を飲んで、おいしいものを食べるための、楽しいダイエットです。この年齢でも健康診断は引っかからないですよ。健康です。」

「ダイエットのためには週末にまとめて乗るのではなくて、短い距離でも毎日コンスタントに乗ることがよいのかもしれないですね。」

−バイクに乗って実際にシェイプアップしたところはありますか?

「おしりです。小さくなりました。」

「よく女性に心配されますけど、脚が太くなることはありません。ロードレースの選手はみんな細身ですし、正しいポジションで乗れば脚は細くなります。」


(スペシャライズドがAMIRAを提供している『ボエルス・ドルマンス』。選手は細身です!)

−正しいポジションとの話が出てきましたが、ボディージオメトリーフィットは受けていますか?

「1年に1回受けています。そのたびに少しずつポジションが変わりますよ。自分の体の柔軟性であったり、肉付きであったり…その人の乗り方も日々変わるし、乗るペースによっても出せるポジションが変わります。お客様にも定期的に受けることをオススメしています。」

−Keyさんご自身もフィットテクニシャンですよね。

「そうです。月に3〜4回ほど予約枠を持っています。乗っていて何か違和感があったらボディージオメトリーフィットを受けてもらえればいいと思います。皆さま、お待ちしています!」

−ライドの楽しみ、他にもありますか?

「バイクに乗っていなかったら知り合えなかった人と知り合え、利害関係なく仲間ができるのはいいことですよね。魅力の一つだと思います。よく一緒に行くライド仲間に、大きい会社の役員をしている人もいました。バイクに乗っていなかったら私は絶対に出会うことがない人ですね。」

「あと、女子だけでライドすると本当に楽しいです。初対面でもバイクというつながりだけですぐ打ち解けて、コーヒーを飲めますからね。女子ライドで一番大切なことは時間管理ですよ。しゃべり過ぎて時間を忘れたり、さあカフェを出ようと思ったら、順番にお手洗いに行ったりするでしょ。その間にまたおしゃべりが始まっちゃったりね。笑」

(先日ストアで行われた女子ライドでの一枚。)

「私にとってロードバイクは乗ることはもちろんですが、乗っておいしいものを食べ、人とコミュニケーションをとることに、より楽しさを感じます。」

−その点はマウンテンバイクとは違いますか?

「そうですね。私にとっては違います。マウンテンバイクは乗ることそのものが楽しいです。」

「マウンテンバイクとロードバイクは全く違う楽しみがあると思っています。私は犬が大好きなのですが、犬にも大型犬と小型犬とそれぞれに違う良さがあるでしょ。どちらがいいとかではなくて、どちらにも違うかわいさ、魅力がありますよね。バイクも同じです。」

−次に狙っているロードバイクはありますか?

「次はDiscブレーキのRubyが欲しいです。ギアを電動にしたらライドも楽になって、より楽しめると思うんです。今年買おうと考えていたのですが、今のRuby Proも気に入っているのでまだ悩んでいます。ただ、私はやっぱりRubyが好きなので、次もRubyにすることは決めています。」

Keyさんの人柄が伝わってくる、楽しいインタビューになりました。
Keyさん、ありがとうございました!

○お店紹介
スペシャライズド東京(すぺしゃらいずどとうきょう)
〒160-0023 東京都新宿区西新宿8-16-2 新宿グランドウィング 1F
03-5332-5900
営業時間:11:00 - 20:00(不定休)

スペシャライズドのコンセプトストア。スペシャライズドの世界観を余すところなく表現した空間です。約60台の完成車を常時ご覧いただくことが可能なだけでなく、用品、アパレルを網羅。ボディージオメトリーフィットも完全予約制で実施するほか、インストアセミナー、走行会など、皆さまの自転車ライフをもっと楽しんでいただけるようなイベントを随時行ってまいります。

お店からのコメント:「女性のスタッフが数名おりますので、洋服を見るように、ウィンドウショッピングをするような気分でお店に来てください。バイクやライドについての質問もお答えしますし、コーヒーを用意して待っています。お気軽に遊びに来てください!」


(和気あいあいとしたスタッフです!)

関連記事:
スペシャライズドによる女性のためのロードバイクイベント開催します!(2015年12月28日)
ランを楽しむアクティブな女性にスペシャルなライド体験を! 『RunGirl★Night Vol.6』イベントレポート(2015年9月30日)

CALENDAR/カレンダー

<< 2017年11月 >>

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

TAG/タグ

TAG/タグ