THE ROVAL CLXPERIENCE ロヴァ―ルディスクホイールで至高の走りを体験しよう!

2019/09/06

THE ROVAL CLXPERIENCE ロヴァ―ルディスクホイールで至高の走りを体験しよう!

勝利を量産するホイール『Roval』。走りはホイールで変わると言っても過言ではありません。
Roval CLX50Disc、CLX32Discをお試しください。

UCIの世界チャンピオンを目指すプロライダーであっても、週末に走るホビーライダーであっても、使用するホイールは高性能である方が良いでしょう。軽くて剛性が高く(高過ぎてもダメ)、反応性とハンドリング性、そして空力性能に優れ、信頼できる丈夫なホイールがあれば、今まで以上にすばらしいライドを体感できます。社員一人一人がライダーであるスペシャライズドは、自分たちのライドをより良く変えるホイールを求め続け、Rovalホイールの開発・製造に励んでいます。

そんな私たちの自信作であるRovalホイールを多くのライダーにお試しいただきたく、CLX50 Disc、CLX32 Discのテストホイールをご用意いたしました。是非この機会に最高の走りを体験してください。

Rovalホイールをお試しいただけるショップはこちら

CLX50 DiscCLX32 Discホイールは下記店舗でお試しいただけます。詳細は各店舗に直接お問い合わせください。どうぞこの機会をお見逃しなく。

 
店舗名 住所 電話番号
CYCLESHOP FUN 327-0842 栃木県佐野市奈良渕町315-6 0283-24-5516
スポーツバイクファクトリー 草加スズキ 340-0015 埼玉県草加市高砂2-20-5 048-960-0175
走輪舎BIKE&TECH 135-0042 東京都江東区木場6-14-7矢数ビル1F 03-6810-5570
なるしまフレンド 神宮店 150-0001 東京都渋谷区神宮前3-35-2クローチェ神宮前 03-3405-9614
りんりん自転車館 一之江店 134-0015 東京都江戸川区西端江5-13-22 03-3877-1881
遠藤商会 250-0001 神奈川県小田原市扇町1-28-28 0465-34-7517
SBC 厚木店 243-0018 神奈川県厚木市中町3-13-5 046-294-5855
バイクランチ 390-0865 長野県松本市新橋6-16 LIFE STYLE MARKET内 0263-50-6884
サイクルショップ カガ 921-8146 石川県金沢市額乙丸町イ29-1 076-298-3302
カミハギサイクル 名城店(9月14日OPEN予定) 462-0846 愛知県名古屋市北区名城1丁目4番1名城公園内tonarino 1F 052-934-7200(オープンより開通)
ヤマシゲサイクル 496-0803 愛知県津島市今市場町4−47 0567-55-8174
ラビットストリート 本店 559-0024 大阪府大阪市住之江区新北島5-2-1 06-6115-2111
ヤマダサイクルセンター 650-0021 兵庫県神戸市中央区三宮町1-7-9 078-331-2712
BICYCLE PRO SHOP なかやま 700-0831 岡山県岡山市北区京橋町8-3 086-222-5262
Bullseye Bicycle 732-0824 広島県広島市南区的場町2-1-3 082-263-6229
B-shop OCHI 793-0042 愛媛県西条市喜多川316-1 0897-55-2048

スペシャライズド新宿店でもCLX50 DiscCLX32Discのテストホイールをご用意しております。Be Specializedのご予約はこちらから>

■最軽量・最速のオールラウンダー:CLX50 Discホイール
真のオールラウンダーであるCLX50 Discホイールは、形状を入念に設計したリムをDT エアロライト・ブレードスポークで組み上げます。多くのディープリムより空力性能に優れつつ、ハンドリング性は秀逸で、ヒルクライムも余裕でこなせるほど軽く、パリ~ルーベや世界選手権やグランドツアーのステージで他のどのホイールより多くの勝利を手にしています。

○最新規格のタイヤに合わせたリム幅
多くのライダーが効率の良さや快適さを認め、幅広のタイヤが使われるようになってきました。CLX50 Discホイールのリムの内幅は21mm。これは、最新規格のタイヤを支えるのに最適な幅であり、リムのエアロ性能に優れた形状は、太めのタイヤを装着した際に、最も効率性が高まるよう最適化されています。

○あらゆるコンディションを走れる形状
CLX50 Discホイールは、強い横風を含むあらゆるコンディションで、浅めのリムより速いことがテストから分かっています。空力面で見ると、多くのディープリムホイールを上回っているのに加え、ディープリムホイールにありがちな重さやハンドリング性の悪さもありません。重量1415グラムで一番のライバル製品より200グラム軽いCLX50 Discホイールは、あらゆるコンディションで使えるオールラウンドのホイールです。

○より速く、高強度に進化したハブ
CLX50 Discホイールに使われるエアロフランジハブは、この速く高強度で軽いホイールの文字通り中心的存在です。エアロ性能は最適化され、ワイドなブレース角が高強度のホイールを可能にしつつスポーク重量を削減。また、とてもスムーズに回るCeramicSpeed社製ベアリングや、さらに精密になったDT Swiss 240インターナルを採用しています。

○DTエアロライトがもたらすメリット
エアロフランジハブは、ラウンド形状のスポークより大幅に速いことがテストから分かっているDTエアロライト・ブレードスポークを使って手組みされます。対になったスポークパターンは、ホイール全体を1つのシステムとして開発するRovalならではの特徴です。この2:1のパターンは、すべてのトルクが掛かるドライブトレイン側の強度を高め、その半分の本数をノンドライブ側に持たせることで、可能な限り軽く、エアロ性能の高いホイールを可能にします。


フィリップ・ジルベールのパリ~ルーベの勝利に貢献した。その他ペテル・サガン、ジュリアン・アラフィリップ、レムコ・イヴェネプールなどが愛用。Photo:©cyclingimages


2019Vuelta Stage12、アルデンヌクラシックを思わせる激坂でアタックし勝利を掴んだフィリップ・ジルベール。この日ももちろんCLX50 Discホイールを選択。Photo:©cyclingimages

CLX50 DISC FRONTをチェック>
CLX50 DISC REARをチェック>

 

■軽さを極限まで追求した高性能ホイール:CLX32 Discホイール
重量わずか1350グラムのディスクブレーキ用クリンチャーホイールセットであるCLX32 Discホイールは、超軽量で一切の妥協を排したレース用ホイールです。精巧なカーボンレイアップ製法、頑丈なDTスポークとハブ、そしてスムーズに回るCeramicSpeedのベアリングにより、速くて軽いホイールに仕上がっています。過酷なヒルクライムに最適ですが、シクロクロスでも使えるほどの高強度を誇ります。

○ミリメートル単位までのこだわり
CLX32 Discホイールのリムの内幅は21mm。最新規格の太めのタイヤとの使用を前提として最適化されており、サイドウォールを適度に支えてあらゆるコンディションで確かなハンドリング性を実現します。幾度とない風洞実験を経て誕生した、この高さ32mmの超軽量ロードリムは、軽快な登坂性能に加え、優れた走りを可能にしつつ、空力面ではよりディープなエアロホイールを上回ります。

○デザインを繰り返し改良
CLX32 Discホイールに掲げた重量と耐久性の目標を達成するために、膨大な量のプロトタイプを作製。最終的なデザインが決まるまでに、40種類以上ものレイアップを開発し、なんと143本のプロトタイプリムを作製しテストしました。その結果、市販されているホイールの中で最軽量の部類に入ります。ヒルクライマー垂涎の的でありながら、過酷なシクロクロスでも使えるほどのタフさと耐久性を誇ります。

○より速く、高強度に進化したハブ
CLX32 Discホイールに使われるエアロフランジハブは、この速く高強度で軽いホイールの文字通り中心的存在です。空力面は最適化され、ワイドなブレース角が高強度のホイールを可能にしつつスポーク重量を削減。また、とてもスムーズに回るCeramicSpeed社製ベアリングや、さらに精密になったDTスイス・240インターナルを採用しています。

 


ジュリアン・アラフィリップ、ゼネク・スティバルなどが愛用。Photo:©BrakeThrough Media

CLX32 DISC FRONTをチェック>
CLX32 DISC REARをチェック>

Rovalホイールについて詳しく>
Rovalホイールをオンラインストアでチェックする>
ロードバイクはホイールで変身する。「Roval」を今、選ぶ理由>

関連記事:
ショップ店長・スタッフたちのツール・ド・おきなわ決戦バイク考―TARMACか、それともVENGEか(2018年11月8日)
ロードバイクはホイールで変身する。スペシャライズド「ロヴァール」を今、選ぶ理由(2017年2月21日)

2019/09/06

THE ROVAL CLXPERIENCE ロヴァ―ルディスクホイールで至高の走りを体験しよう!

勝利を量産するホイール『Roval』。走りはホイールで変わると言っても過言ではありません。
Roval CLX50Disc、CLX32Discをお試しください。

THE ROVAL CLXPERIENCE ロヴァ―ルディスクホイールで至高の走りを体験しよう!

UCIの世界チャンピオンを目指すプロライダーであっても、週末に走るホビーライダーであっても、使用するホイールは高性能である方が良いでしょう。軽くて剛性が高く(高過ぎてもダメ)、反応性とハンドリング性、そして空力性能に優れ、信頼できる丈夫なホイールがあれば、今まで以上にすばらしいライドを体感できます。社員一人一人がライダーであるスペシャライズドは、自分たちのライドをより良く変えるホイールを求め続け、Rovalホイールの開発・製造に励んでいます。

そんな私たちの自信作であるRovalホイールを多くのライダーにお試しいただきたく、CLX50 Disc、CLX32 Discのテストホイールをご用意いたしました。是非この機会に最高の走りを体験してください。

Rovalホイールをお試しいただけるショップはこちら

CLX50 DiscCLX32 Discホイールは下記店舗でお試しいただけます。詳細は各店舗に直接お問い合わせください。どうぞこの機会をお見逃しなく。

 
店舗名 住所 電話番号
CYCLESHOP FUN 327-0842 栃木県佐野市奈良渕町315-6 0283-24-5516
スポーツバイクファクトリー 草加スズキ 340-0015 埼玉県草加市高砂2-20-5 048-960-0175
走輪舎BIKE&TECH 135-0042 東京都江東区木場6-14-7矢数ビル1F 03-6810-5570
なるしまフレンド 神宮店 150-0001 東京都渋谷区神宮前3-35-2クローチェ神宮前 03-3405-9614
りんりん自転車館 一之江店 134-0015 東京都江戸川区西端江5-13-22 03-3877-1881
遠藤商会 250-0001 神奈川県小田原市扇町1-28-28 0465-34-7517
SBC 厚木店 243-0018 神奈川県厚木市中町3-13-5 046-294-5855
バイクランチ 390-0865 長野県松本市新橋6-16 LIFE STYLE MARKET内 0263-50-6884
サイクルショップ カガ 921-8146 石川県金沢市額乙丸町イ29-1 076-298-3302
カミハギサイクル 名城店(9月14日OPEN予定) 462-0846 愛知県名古屋市北区名城1丁目4番1名城公園内tonarino 1F 052-934-7200(オープンより開通)
ヤマシゲサイクル 496-0803 愛知県津島市今市場町4−47 0567-55-8174
ラビットストリート 本店 559-0024 大阪府大阪市住之江区新北島5-2-1 06-6115-2111
ヤマダサイクルセンター 650-0021 兵庫県神戸市中央区三宮町1-7-9 078-331-2712
BICYCLE PRO SHOP なかやま 700-0831 岡山県岡山市北区京橋町8-3 086-222-5262
Bullseye Bicycle 732-0824 広島県広島市南区的場町2-1-3 082-263-6229
B-shop OCHI 793-0042 愛媛県西条市喜多川316-1 0897-55-2048

スペシャライズド新宿店でもCLX50 DiscCLX32Discのテストホイールをご用意しております。Be Specializedのご予約はこちらから>

■最軽量・最速のオールラウンダー:CLX50 Discホイール
真のオールラウンダーであるCLX50 Discホイールは、形状を入念に設計したリムをDT エアロライト・ブレードスポークで組み上げます。多くのディープリムより空力性能に優れつつ、ハンドリング性は秀逸で、ヒルクライムも余裕でこなせるほど軽く、パリ~ルーベや世界選手権やグランドツアーのステージで他のどのホイールより多くの勝利を手にしています。

○最新規格のタイヤに合わせたリム幅
多くのライダーが効率の良さや快適さを認め、幅広のタイヤが使われるようになってきました。CLX50 Discホイールのリムの内幅は21mm。これは、最新規格のタイヤを支えるのに最適な幅であり、リムのエアロ性能に優れた形状は、太めのタイヤを装着した際に、最も効率性が高まるよう最適化されています。

○あらゆるコンディションを走れる形状
CLX50 Discホイールは、強い横風を含むあらゆるコンディションで、浅めのリムより速いことがテストから分かっています。空力面で見ると、多くのディープリムホイールを上回っているのに加え、ディープリムホイールにありがちな重さやハンドリング性の悪さもありません。重量1415グラムで一番のライバル製品より200グラム軽いCLX50 Discホイールは、あらゆるコンディションで使えるオールラウンドのホイールです。

○より速く、高強度に進化したハブ
CLX50 Discホイールに使われるエアロフランジハブは、この速く高強度で軽いホイールの文字通り中心的存在です。エアロ性能は最適化され、ワイドなブレース角が高強度のホイールを可能にしつつスポーク重量を削減。また、とてもスムーズに回るCeramicSpeed社製ベアリングや、さらに精密になったDT Swiss 240インターナルを採用しています。

○DTエアロライトがもたらすメリット
エアロフランジハブは、ラウンド形状のスポークより大幅に速いことがテストから分かっているDTエアロライト・ブレードスポークを使って手組みされます。対になったスポークパターンは、ホイール全体を1つのシステムとして開発するRovalならではの特徴です。この2:1のパターンは、すべてのトルクが掛かるドライブトレイン側の強度を高め、その半分の本数をノンドライブ側に持たせることで、可能な限り軽く、エアロ性能の高いホイールを可能にします。


フィリップ・ジルベールのパリ~ルーベの勝利に貢献した。その他ペテル・サガン、ジュリアン・アラフィリップ、レムコ・イヴェネプールなどが愛用。Photo:©cyclingimages


2019Vuelta Stage12、アルデンヌクラシックを思わせる激坂でアタックし勝利を掴んだフィリップ・ジルベール。この日ももちろんCLX50 Discホイールを選択。Photo:©cyclingimages

CLX50 DISC FRONTをチェック>
CLX50 DISC REARをチェック>

 

■軽さを極限まで追求した高性能ホイール:CLX32 Discホイール
重量わずか1350グラムのディスクブレーキ用クリンチャーホイールセットであるCLX32 Discホイールは、超軽量で一切の妥協を排したレース用ホイールです。精巧なカーボンレイアップ製法、頑丈なDTスポークとハブ、そしてスムーズに回るCeramicSpeedのベアリングにより、速くて軽いホイールに仕上がっています。過酷なヒルクライムに最適ですが、シクロクロスでも使えるほどの高強度を誇ります。

○ミリメートル単位までのこだわり
CLX32 Discホイールのリムの内幅は21mm。最新規格の太めのタイヤとの使用を前提として最適化されており、サイドウォールを適度に支えてあらゆるコンディションで確かなハンドリング性を実現します。幾度とない風洞実験を経て誕生した、この高さ32mmの超軽量ロードリムは、軽快な登坂性能に加え、優れた走りを可能にしつつ、空力面ではよりディープなエアロホイールを上回ります。

○デザインを繰り返し改良
CLX32 Discホイールに掲げた重量と耐久性の目標を達成するために、膨大な量のプロトタイプを作製。最終的なデザインが決まるまでに、40種類以上ものレイアップを開発し、なんと143本のプロトタイプリムを作製しテストしました。その結果、市販されているホイールの中で最軽量の部類に入ります。ヒルクライマー垂涎の的でありながら、過酷なシクロクロスでも使えるほどのタフさと耐久性を誇ります。

○より速く、高強度に進化したハブ
CLX32 Discホイールに使われるエアロフランジハブは、この速く高強度で軽いホイールの文字通り中心的存在です。空力面は最適化され、ワイドなブレース角が高強度のホイールを可能にしつつスポーク重量を削減。また、とてもスムーズに回るCeramicSpeed社製ベアリングや、さらに精密になったDTスイス・240インターナルを採用しています。

 


ジュリアン・アラフィリップ、ゼネク・スティバルなどが愛用。Photo:©BrakeThrough Media

CLX32 DISC FRONTをチェック>
CLX32 DISC REARをチェック>

Rovalホイールについて詳しく>
Rovalホイールをオンラインストアでチェックする>
ロードバイクはホイールで変身する。「Roval」を今、選ぶ理由>

関連記事:
ショップ店長・スタッフたちのツール・ド・おきなわ決戦バイク考―TARMACか、それともVENGEか(2018年11月8日)
ロードバイクはホイールで変身する。スペシャライズド「ロヴァール」を今、選ぶ理由(2017年2月21日)

CALENDAR/カレンダー

<< 2019年10月 >>

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

TAG/タグ

TAG/タグ