Rovalから新しいRapide CLX/Alpinist CLXホイールデビュー

2020/06/04

Rovalから新しいRapide CLX/Alpinist CLXホイールデビュー

Roval(ロヴァール)はライダーのスピードを加速する新しいRapide CLX/Alpinist CLXホイールを発売します。

FAQはこちら>

スピード狂の悪魔とヒルクライムの天使へ

ヒルクライムが何よりも好き、できる限り軽いバイクがもたらす走りを堪能したい、ありとあらゆるスプリントで勝たないと気が済まない、集団から抜け出すためにエアロで最速なバイクが欲しいなど、ライダーのタイプは人それぞれ。あなたが山岳ルート好きのヒルクライマー、または高出力を維持したいオールラウンダーのどちらであろうと、Rovalはライダーのスピードを加速する新しいホイールを用意しました。

レース全般からKOMの最多記録狙い、さらには起伏や横風の有無にかかわらず仲間との競い合いを行いたいあなたには、Rapide CLXホイールが最適です。世界でもっとも速いオールラウンドなホイールを目標に、ヒルクライムホイールの軽さ、エアロホイールの低い空気抵抗値、リムハイトの低いホイールのような安定したハンドリング性能を併せ持つ、真の万能で速いRapide CLXホイールを開発しました。

ヒルクライマーや軽さを追求するライダーには、Alpinist CLXホイールをどうぞ。このRoval史上最軽量のクリンチャーホイールは、強烈な加速感、驚くべき上りの速さ、バイクがまるで身体の下で消えたかのように思わせる軽さが特徴です。

Rapide CLX −確かな速さ−

Rovalは、世界でもっともオールラウンドなロードホイールを展開していると自負しています。Rapide CLXホイールでは、UCI タイムトライアル世界選手権を独占したCLX 64の秀逸なエアロ性能と、ツール・ド・フランスの山岳賞受賞に貢献したCLX 32の軽さや優れた安定性を融合。こうして、高い登坂性能、エアロホイール並みに低い空気抵抗値、横風の強さにかかわらず安心したハンドリング性能を備え、実際の環境下で最大限の速さを引き出すホイールセットが生まれました。

Roval Rapide CLX - Front
Roval Rapide CLX - Rear HG


Rapide CLXホイールをオンラインストアでチェックする

Alpinist CLX −軽さは正義−

Roval最軽量のAlpinist CLXホイールなら、山岳ルートを征し、起伏を平らに感じることができ、更にはイキイキとした軽快さをバイクに与えられます。パフォーマンスにとって最大の敵は重さであり、KOMの追求や山頂までのレースでは1グラム足りとも増えることは許されません。パフォーマンスと快適な乗り心地がいつまでも長続きするのに欠かせない強度、ライドクオリティー、耐久性のどれ一つも犠牲にすることなく、漕いだ力すべてを推進力へと変えるために、重量は極限まで削ぎ落とされています。

Roval Alpinist CLX - Front
Roval Alpinist CLX - Rear HG


Alpinist CLXホイールをオンラインストアでチェックする

STABILITY EQUALS SPEED ー安定性すなわちスピードー

Rapide CLXホイールの目標は、実世界で世界最速のホイールとなること。したがって、その目標の実現に何が必要なのかをあらゆる角度から分析しました。

突風により車体がぐらつくと、大幅な失速につながることが判明。最悪の場合、転倒する恐れがあります。そこで、スピードアップのために突風によるぐらつきを減らすことを新たな開発の目標として設けました。Rapide CLXホイールは、CLX50ホイールより25%安定性に優れています。

安定性の向上を目指す中で、人間の反応時間がエアロ性能やハンドリング性とどのような関連性を持つか調べました。人間の平均的な反応時間は1から1.5秒の間。突風が吹き終わった後にバイクの挙動を修正してしまうため、必ずぐらついてしまいます。速度が落ちてしまうのは、突風とはいつ吹くか予測できず、バイクがぐらつくと怖いと感じているからです。

この事実を踏まえ、エアロエンジニア達は急な横風による影響の軽減を目指しました。突風によるぐらつきのほとんどはフロントホイールで生じるため、フロントリムをリアより低めに設定。この形状から空気抵抗を抑えつつ、安定性を高めました。リアホイールは安定性への影響がはるかに少ないため、リムの形状を高めで狭く作り、空気抵抗の軽減に焦点を当てて最適化しました。

以上から、このRapide CLXホイールセットは一般的な深さ65mmのディープホイールより空気抵抗が低く、急な横風を受けてもCLX50より25%安定性が優れています。その結果、想像以上の様々な環境下で、一層の自信を持ってさらに速く走れるようになります。

 

STABILITY EQUALS SPEED −最小限となるよう製造−

1248グラムのホイールセットを作るには、前後それぞれのホイールを1つのシステムとして捉える必要がありました。

エンジニアは、リム単体ではなくホイール全体を1つのシステムとして作ることで、リムやハブのデザイン、スポークのスペックやパターンといったあらゆる要素をコントロールできるようになります。その結果、既製品のコンポーネントに生じがちな性能のバラつきがなくなります。このバラつきがなくなると、Alpinist CLXホイールが必要な素材の量と種類を最適に用いることでき、設計通りの性能を発揮させることが可能です。

このような流れでデザインを行なったところ、重量を最小限に抑えると同時に、強度と耐久性を最大限高めることができました。例えば、Aero Flange ハブを設計し、スポークとニップルの仕様やパターンを決めたことで、それぞれのスポークとリムが交わる角度を把握できます。すると、ニップルに合わせた径の穴を、その角度で正確にリムに空けられます。こうすることで応力の発生を最小限に抑え、不要な素材を極力省き、耐久性を高められるのです。

ハブまでもがエアロ

RapideとAlpinist ホイールの両方に搭載されるAero Flange ハブは、強くて軽く、エアロなホイールの中心部を司ります。エアロ性能を最適化し、広めのブレース角度で強度を高めてスポーク重量を減らしたこのハブは、回転が非常に滑らかなシールドカートリッジベアリングと精度に定評があるDTスイスの新しいEXP フリーハブメカニズムを用いています。

完璧になるまでテスト

デザインが良いだけでは完璧とは言えません。Rovalは、テストで一切の妥協を許さないことで知られています。風洞実験施設Win Tunnelで何日も過ごし、テストラボでは長時間実際よりも強い力を与えて耐久性、強度、剛性を厳しく評価します。実走テストでは、才能溢れるライダーが実世界の過酷な環境下でホイールの限界を探ります。世界チャンピオンやアシスト選手は、ワールドツアーでプロトタイプを試しています。これらの場でホイールの性能が実証されてから、ようやくあなたの元へと届けられるのです。


 

■Alpinist とRapide のチューブレス非対応について
Alpinist とRapideホイールはパフォーマンスロードホイールの新たな基準を築きます。Alpinist CLXホイールではRoval史上最軽量のクリンチャーホイール、Rapide CLXホイールではエアロ性能、軽さ、安定性の比類なきバランスの実現です。

エンジニアはAlpinist とRapideのチューブレス対応のメリットとデメリットを評価しました。現在のチューブレス技術を考慮すると、我々は99%のパフォーマンスロードライダーのベストな選択はチューブド・クリンチャーだと信じています。Rapide CLXとAlipinist CLXホイールセットは、チューブレス非対応となります。

■Alpinist CLXとRapide CLXがチューブド専用なのはなぜ?
チューブドとすることで、より軽量で完成度の高いホイールをパフォーマンスロードライダーのために提供できるからです。チューブレスにしていた場合、使用する素材量が増え、結果的に増えた分の重さでチューブレスタイヤのメリットが損なわれていたでしょう。これら2つのホイールには、明確な目的がありました。Alpinist CLXホイールではRoval史上最軽量のクリンチャーホイール、Rapide CLXホイールではエアロ性能、軽さ、安定性の比類なきバランスの実現です。このような断固とした目標だけでなく、あなたの理想の走りを実現できるようにするパフォーマンスも達成するには、チューブドであることが条件でした。私たちはチューブレスタイヤの可能性も当然理解しており、チューブドのクリンチャーホイールの性能を上回るチューブレスホイール/タイヤを作れるようになれば、その時はそれがベストになるでしょう。

■Alpinist とRapide はテスト基準を満たさなかった?
RapideとAlpinistは、設定された工業および規制準拠試験をクリアしています。

■C38、Terra CLX、Terra CLX Evo、CLX 32、CLX 50、CL50、CLX 64はロードチューブレス対応ですか?
これらのホイールやその他のホイールのタイヤ推奨を変更していません。チューブレス対応のホイールは、今まで通りご使用頂けます。

■Turbo RapidAirについて何か変更はありますか?
RapidAirタイヤについての変更はございません。

■これらの超軽量ホイールに体重制限はある?
はい、Rovalのすべてのカーボンホイールと同様、Rapide CLXとAlpinist CLXホイールの制限体重は109kg(240ポンド)です。

■Alpinist CLXとRapide CLXのリムブレーキモデルは販売される?
いいえ、ディスクブレーキモデルのみの販売となります。

関連記事:
グラベル用ホイール『Terra CLXホイールとTerra CLX EVOホイール』新登場(2019年10月9日)
THE ROVAL CLXPERIENCE ロヴァ―ルディスクホイールで至高の走りを体験しよう!(2019年9月6日)
ショップ店長・スタッフたちのツール・ド・おきなわ決戦バイク考―TARMACか、それともVENGEか(2018年11月8日)
ロードバイクはホイールで変身する。スペシャライズド「ロヴァール」を今、選ぶ理由(2017年2月21日

2020/06/04

Rovalから新しいRapide CLX/Alpinist CLXホイールデビュー

Roval(ロヴァール)はライダーのスピードを加速する新しいRapide CLX/Alpinist CLXホイールを発売します。

Rovalから新しいRapide CLX/Alpinist CLXホイールデビュー

FAQはこちら>

スピード狂の悪魔とヒルクライムの天使へ

ヒルクライムが何よりも好き、できる限り軽いバイクがもたらす走りを堪能したい、ありとあらゆるスプリントで勝たないと気が済まない、集団から抜け出すためにエアロで最速なバイクが欲しいなど、ライダーのタイプは人それぞれ。あなたが山岳ルート好きのヒルクライマー、または高出力を維持したいオールラウンダーのどちらであろうと、Rovalはライダーのスピードを加速する新しいホイールを用意しました。

レース全般からKOMの最多記録狙い、さらには起伏や横風の有無にかかわらず仲間との競い合いを行いたいあなたには、Rapide CLXホイールが最適です。世界でもっとも速いオールラウンドなホイールを目標に、ヒルクライムホイールの軽さ、エアロホイールの低い空気抵抗値、リムハイトの低いホイールのような安定したハンドリング性能を併せ持つ、真の万能で速いRapide CLXホイールを開発しました。

ヒルクライマーや軽さを追求するライダーには、Alpinist CLXホイールをどうぞ。このRoval史上最軽量のクリンチャーホイールは、強烈な加速感、驚くべき上りの速さ、バイクがまるで身体の下で消えたかのように思わせる軽さが特徴です。

Rapide CLX −確かな速さ−

Rovalは、世界でもっともオールラウンドなロードホイールを展開していると自負しています。Rapide CLXホイールでは、UCI タイムトライアル世界選手権を独占したCLX 64の秀逸なエアロ性能と、ツール・ド・フランスの山岳賞受賞に貢献したCLX 32の軽さや優れた安定性を融合。こうして、高い登坂性能、エアロホイール並みに低い空気抵抗値、横風の強さにかかわらず安心したハンドリング性能を備え、実際の環境下で最大限の速さを引き出すホイールセットが生まれました。

Roval Rapide CLX - Front
Roval Rapide CLX - Rear HG


Rapide CLXホイールをオンラインストアでチェックする

Alpinist CLX −軽さは正義−

Roval最軽量のAlpinist CLXホイールなら、山岳ルートを征し、起伏を平らに感じることができ、更にはイキイキとした軽快さをバイクに与えられます。パフォーマンスにとって最大の敵は重さであり、KOMの追求や山頂までのレースでは1グラム足りとも増えることは許されません。パフォーマンスと快適な乗り心地がいつまでも長続きするのに欠かせない強度、ライドクオリティー、耐久性のどれ一つも犠牲にすることなく、漕いだ力すべてを推進力へと変えるために、重量は極限まで削ぎ落とされています。

Roval Alpinist CLX - Front
Roval Alpinist CLX - Rear HG


Alpinist CLXホイールをオンラインストアでチェックする

STABILITY EQUALS SPEED ー安定性すなわちスピードー

Rapide CLXホイールの目標は、実世界で世界最速のホイールとなること。したがって、その目標の実現に何が必要なのかをあらゆる角度から分析しました。

突風により車体がぐらつくと、大幅な失速につながることが判明。最悪の場合、転倒する恐れがあります。そこで、スピードアップのために突風によるぐらつきを減らすことを新たな開発の目標として設けました。Rapide CLXホイールは、CLX50ホイールより25%安定性に優れています。

安定性の向上を目指す中で、人間の反応時間がエアロ性能やハンドリング性とどのような関連性を持つか調べました。人間の平均的な反応時間は1から1.5秒の間。突風が吹き終わった後にバイクの挙動を修正してしまうため、必ずぐらついてしまいます。速度が落ちてしまうのは、突風とはいつ吹くか予測できず、バイクがぐらつくと怖いと感じているからです。

この事実を踏まえ、エアロエンジニア達は急な横風による影響の軽減を目指しました。突風によるぐらつきのほとんどはフロントホイールで生じるため、フロントリムをリアより低めに設定。この形状から空気抵抗を抑えつつ、安定性を高めました。リアホイールは安定性への影響がはるかに少ないため、リムの形状を高めで狭く作り、空気抵抗の軽減に焦点を当てて最適化しました。

以上から、このRapide CLXホイールセットは一般的な深さ65mmのディープホイールより空気抵抗が低く、急な横風を受けてもCLX50より25%安定性が優れています。その結果、想像以上の様々な環境下で、一層の自信を持ってさらに速く走れるようになります。

 

STABILITY EQUALS SPEED −最小限となるよう製造−

1248グラムのホイールセットを作るには、前後それぞれのホイールを1つのシステムとして捉える必要がありました。

エンジニアは、リム単体ではなくホイール全体を1つのシステムとして作ることで、リムやハブのデザイン、スポークのスペックやパターンといったあらゆる要素をコントロールできるようになります。その結果、既製品のコンポーネントに生じがちな性能のバラつきがなくなります。このバラつきがなくなると、Alpinist CLXホイールが必要な素材の量と種類を最適に用いることでき、設計通りの性能を発揮させることが可能です。

このような流れでデザインを行なったところ、重量を最小限に抑えると同時に、強度と耐久性を最大限高めることができました。例えば、Aero Flange ハブを設計し、スポークとニップルの仕様やパターンを決めたことで、それぞれのスポークとリムが交わる角度を把握できます。すると、ニップルに合わせた径の穴を、その角度で正確にリムに空けられます。こうすることで応力の発生を最小限に抑え、不要な素材を極力省き、耐久性を高められるのです。

ハブまでもがエアロ

RapideとAlpinist ホイールの両方に搭載されるAero Flange ハブは、強くて軽く、エアロなホイールの中心部を司ります。エアロ性能を最適化し、広めのブレース角度で強度を高めてスポーク重量を減らしたこのハブは、回転が非常に滑らかなシールドカートリッジベアリングと精度に定評があるDTスイスの新しいEXP フリーハブメカニズムを用いています。

完璧になるまでテスト

デザインが良いだけでは完璧とは言えません。Rovalは、テストで一切の妥協を許さないことで知られています。風洞実験施設Win Tunnelで何日も過ごし、テストラボでは長時間実際よりも強い力を与えて耐久性、強度、剛性を厳しく評価します。実走テストでは、才能溢れるライダーが実世界の過酷な環境下でホイールの限界を探ります。世界チャンピオンやアシスト選手は、ワールドツアーでプロトタイプを試しています。これらの場でホイールの性能が実証されてから、ようやくあなたの元へと届けられるのです。


 

■Alpinist とRapide のチューブレス非対応について
Alpinist とRapideホイールはパフォーマンスロードホイールの新たな基準を築きます。Alpinist CLXホイールではRoval史上最軽量のクリンチャーホイール、Rapide CLXホイールではエアロ性能、軽さ、安定性の比類なきバランスの実現です。

エンジニアはAlpinist とRapideのチューブレス対応のメリットとデメリットを評価しました。現在のチューブレス技術を考慮すると、我々は99%のパフォーマンスロードライダーのベストな選択はチューブド・クリンチャーだと信じています。Rapide CLXとAlipinist CLXホイールセットは、チューブレス非対応となります。

■Alpinist CLXとRapide CLXがチューブド専用なのはなぜ?
チューブドとすることで、より軽量で完成度の高いホイールをパフォーマンスロードライダーのために提供できるからです。チューブレスにしていた場合、使用する素材量が増え、結果的に増えた分の重さでチューブレスタイヤのメリットが損なわれていたでしょう。これら2つのホイールには、明確な目的がありました。Alpinist CLXホイールではRoval史上最軽量のクリンチャーホイール、Rapide CLXホイールではエアロ性能、軽さ、安定性の比類なきバランスの実現です。このような断固とした目標だけでなく、あなたの理想の走りを実現できるようにするパフォーマンスも達成するには、チューブドであることが条件でした。私たちはチューブレスタイヤの可能性も当然理解しており、チューブドのクリンチャーホイールの性能を上回るチューブレスホイール/タイヤを作れるようになれば、その時はそれがベストになるでしょう。

■Alpinist とRapide はテスト基準を満たさなかった?
RapideとAlpinistは、設定された工業および規制準拠試験をクリアしています。

■C38、Terra CLX、Terra CLX Evo、CLX 32、CLX 50、CL50、CLX 64はロードチューブレス対応ですか?
これらのホイールやその他のホイールのタイヤ推奨を変更していません。チューブレス対応のホイールは、今まで通りご使用頂けます。

■Turbo RapidAirについて何か変更はありますか?
RapidAirタイヤについての変更はございません。

■これらの超軽量ホイールに体重制限はある?
はい、Rovalのすべてのカーボンホイールと同様、Rapide CLXとAlpinist CLXホイールの制限体重は109kg(240ポンド)です。

■Alpinist CLXとRapide CLXのリムブレーキモデルは販売される?
いいえ、ディスクブレーキモデルのみの販売となります。

関連記事:
グラベル用ホイール『Terra CLXホイールとTerra CLX EVOホイール』新登場(2019年10月9日)
THE ROVAL CLXPERIENCE ロヴァ―ルディスクホイールで至高の走りを体験しよう!(2019年9月6日)
ショップ店長・スタッフたちのツール・ド・おきなわ決戦バイク考―TARMACか、それともVENGEか(2018年11月8日)
ロードバイクはホイールで変身する。スペシャライズド「ロヴァール」を今、選ぶ理由(2017年2月21日

CALENDAR/カレンダー

<< 2020年10月 >>

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

TAG/タグ

TAG/タグ