Turbo Levo SLの長期レビュー開始。e-MTBは本当にMTBの未来なのかを突き詰めてみる。

2020/06/17

Turbo Levo SLの長期レビュー開始。e-MTBは本当にMTBの未来なのかを突き詰めてみる。

スペシャの山の人による自腹Turbo Levo SLの長期レビューをお届けします。

購入前記

Turbo Levo SLの情報を聞いたとき、ピンときた。Turbo Levo SLはもしかしたら未来のMTBのあるべき姿を体現した初めてのモデルになるのではないか。既に大容量のバッテリーと大型のモーターを搭載したLevo(日本未発売)で、e-MTBの登りでの便利さは十分理解していたが、Levoのずしりと重い車重と、下るときの重いものに乗っている感は、正直心を揺さぶられるものではなかった。
「e-MTBって、こんなものか。」トレイルライダーの僕にとってはMTBは下りを楽しむもの。どんだけ登りを楽に登って下っても、下りを楽しめなければ本末転倒だ。「Levoがもっと軽くて、普通のMTBのように下れれば最強なのにな。」

スペシャライズドの開発陣も同じことを考えていたようだ。それもずっと前から。初めてのLevoを開発している時からというから、だいぶ昔からだ。Turbo Levo SLはスペシャライズドの開発陣が本当に作りたかったe-MTBというわけだ。そう、登りを楽にこなして、下りを最高に楽しめるMTB。本当にそんなバイクになったのか。新しいもの好きの僕が興味がわかないわけがない。家族用バイクとして最高だよという言い訳と共に、すぐに購入のボタンを押していた。

実はTurbo Levo SLに乗る前に一つだけ不安なことがあった。「もしかしたら、電動ではないMTBに乗らなくなるんじゃないか?」e-MTBライダーに登りで余裕で抜かされた後に、e-MTBがどれだけ下りで遅いかがライダー仲間内で話題になる中で、e-MTBに乗ることに若干の後ろめたさがあった。

そして、不安は現実になった。

それは恐れていたような、登りの楽さのために、下りの楽しさを妥協するということではなく、期待していたように、Turbo Levo SLが未来のMTBのあるべき姿をまざまざと見せてくれたのだ。

 

ファーストインプレッション(登り編)

登りは自然なアシストが効いていてめちゃくちゃ楽。ECOモードはノイズも非常に低く、e-MTBじゃない人と乗る時に最適。ソロで走っている時は大抵Trailモードで。ジープ道路や舗装路を走る時はTurboモードというのがちょうどいい。副次的な効果として、以前まで急坂でパワーが出るようにサドルをロードバイクと比較して、前め、高めでセットアップしていたのだが、アシストがあることで、ロードバイクのポジションとほぼ同じ位置にサドルをセットして、回転重視のペダリングでスイスイと登っていける。つまらないジープ道の登りがロードバイクで走っているかのような感覚で上がれるのは革命的だ。

さらに重心位置が最適化されるために、きつい登りのスイッチバックが437mmのチェーンステー長で想像するよりも、だいぶ小回りが効いて気持ちいい。注意点としてはギアチェンジはモーターのトルクがかかるので、負荷をかける前に先回りしてシフティングする方がスムーズに乗れる。

バッテリーの持ちは条件によってだいぶ違うが、2時間走って1/4も使わないぐらいの感じで十分持つ。ライダーによっては、内蔵バッテリーを取り外して、外付けバッテリーのレンジエクステンダーだけで軽量化しているライダーもいるようだ。今より軽量で、バッテリー容量が半分の内蔵バッテリーが発売されたら、人気が出ることは間違いない。


レンジエクステンダーをオンラインストアでチェックする>
 

 
ファーストインプレッション(下り編)

下りでアシストを切る必要はないが、僕は下りではアシストを切って乗ることにしている。多少の登り返しも含めて下りだと思っているし、友達にモーターがついてるからStrava PRを出したと言われるのは嬉しくないからだ。それなので、この下りのインプレッションはモーターなしの状態だ。Turbo Levo SL Comp Carbonのストック状態でまず乗ってみた。

いつもの超軽量にカスタムされたバイクと比較して、若干の重さを感じるものの(Turbo Levo SL Comp Carbonは19kg台)普通に下れる。ジャンプする時に少し癖があるが悪くはない。特に荒れた道をワープするようなスピードで走るような時は車重の重さからかいつもよりも跳ねずにめちゃくちゃ速い。「もしかしたら、普通のバイクよりも速くなるんじゃないか?」Turbo Levo SLの可能性を目の当たりにして、そんなことを思わずにいられなくなった。

その日の晩、もともとは普通のバイクとTurbo Levo SLで併用していこうと思っていたが、Turbo Levo SLが持つ可能性を見てみたくなり、我慢できずに、普通のバイクのパーツをすべて移植して自分好みのS-Worksを作るプロジェクトが始まった。

新しいライフスタイル

Turbo Levo SLは妻のお気に入りだ。妻がチョイ乗りしたときに楽しそうだったというのもあるが、一番は僕が家に早く帰ってこれるからだ。同じ本数の下りを半分ぐらいの時間でこなせるため、今までは乗りに行けなかったスキマ時間に乗りに行けて、それ以外の時間を家族と過ごせる。「普通のMTBがコーヒーだとしたら、Turbo Levo SLは風味豊かなエスプレッソだ。」ってな比喩を思いついたのだが、感覚がわかると嬉しい。

Turbo Levo SLのキャッチコピーがThe Power To Ride More Trailsなのだが、文字通りモーターがあるのでもっとトレイル走れますよということと、ライフスタイルが変革してもっとトレイルに乗れる時間が増えますよという2重の意味があることを改めて噛み締めている。

そう、Turbo Levo SLに乗り始めてから乗れる回数がめちゃめちゃ増えた。乗る回数を増やせるMTBなんて最高じゃないか。

次回は下りを最高に楽しむためのカスタム編、「スペシャの山の人がS-Worksグレードにカスタムしたら?」お届けします。

スぺシャの山の人のTwitterをチェック>

関連記事:
MTBシーンの未来を切り開くバイク Turbo Levo SL (2020年4月20日)
スペシャライズドe-Bike TURBO CREO SL/LEVO SL いよいよ発売開始!(2020年4月17日)
e-MTB Turbo Levo SL(ターボ リーヴォ エスエル)FAQ(2020年2月4日)
日本に最適!e-MTB Turbo Levo SL 鏑木 裕さんによる最速インプレッション(2020年2月4日)
e-マウンテンバイク TURBO LEVO SLデビュー(2020年2月4日)
「The best eMTB of 2020」2年連続No1を獲得!スペシャライズドLEVO(2020年1月31日)
e-MTB『Turbo LEVO』、初めてのUCI e-MTB世界選手権で王座に!(2019年9月4日)

カテゴリ:
マウンテン
キーワード:
Turbo
e-MTB
LevoSL
リーヴォ
e-BIKE
Levo

2020/06/17

Turbo Levo SLの長期レビュー開始。e-MTBは本当にMTBの未来なのかを突き詰めてみる。

スペシャの山の人による自腹Turbo Levo SLの長期レビューをお届けします。

Turbo Levo SLの長期レビュー開始。e-MTBは本当にMTBの未来なのかを突き詰めてみる。

購入前記

Turbo Levo SLの情報を聞いたとき、ピンときた。Turbo Levo SLはもしかしたら未来のMTBのあるべき姿を体現した初めてのモデルになるのではないか。既に大容量のバッテリーと大型のモーターを搭載したLevo(日本未発売)で、e-MTBの登りでの便利さは十分理解していたが、Levoのずしりと重い車重と、下るときの重いものに乗っている感は、正直心を揺さぶられるものではなかった。
「e-MTBって、こんなものか。」トレイルライダーの僕にとってはMTBは下りを楽しむもの。どんだけ登りを楽に登って下っても、下りを楽しめなければ本末転倒だ。「Levoがもっと軽くて、普通のMTBのように下れれば最強なのにな。」

スペシャライズドの開発陣も同じことを考えていたようだ。それもずっと前から。初めてのLevoを開発している時からというから、だいぶ昔からだ。Turbo Levo SLはスペシャライズドの開発陣が本当に作りたかったe-MTBというわけだ。そう、登りを楽にこなして、下りを最高に楽しめるMTB。本当にそんなバイクになったのか。新しいもの好きの僕が興味がわかないわけがない。家族用バイクとして最高だよという言い訳と共に、すぐに購入のボタンを押していた。

実はTurbo Levo SLに乗る前に一つだけ不安なことがあった。「もしかしたら、電動ではないMTBに乗らなくなるんじゃないか?」e-MTBライダーに登りで余裕で抜かされた後に、e-MTBがどれだけ下りで遅いかがライダー仲間内で話題になる中で、e-MTBに乗ることに若干の後ろめたさがあった。

そして、不安は現実になった。

それは恐れていたような、登りの楽さのために、下りの楽しさを妥協するということではなく、期待していたように、Turbo Levo SLが未来のMTBのあるべき姿をまざまざと見せてくれたのだ。

 

ファーストインプレッション(登り編)

登りは自然なアシストが効いていてめちゃくちゃ楽。ECOモードはノイズも非常に低く、e-MTBじゃない人と乗る時に最適。ソロで走っている時は大抵Trailモードで。ジープ道路や舗装路を走る時はTurboモードというのがちょうどいい。副次的な効果として、以前まで急坂でパワーが出るようにサドルをロードバイクと比較して、前め、高めでセットアップしていたのだが、アシストがあることで、ロードバイクのポジションとほぼ同じ位置にサドルをセットして、回転重視のペダリングでスイスイと登っていける。つまらないジープ道の登りがロードバイクで走っているかのような感覚で上がれるのは革命的だ。

さらに重心位置が最適化されるために、きつい登りのスイッチバックが437mmのチェーンステー長で想像するよりも、だいぶ小回りが効いて気持ちいい。注意点としてはギアチェンジはモーターのトルクがかかるので、負荷をかける前に先回りしてシフティングする方がスムーズに乗れる。

バッテリーの持ちは条件によってだいぶ違うが、2時間走って1/4も使わないぐらいの感じで十分持つ。ライダーによっては、内蔵バッテリーを取り外して、外付けバッテリーのレンジエクステンダーだけで軽量化しているライダーもいるようだ。今より軽量で、バッテリー容量が半分の内蔵バッテリーが発売されたら、人気が出ることは間違いない。


レンジエクステンダーをオンラインストアでチェックする>
 

 
ファーストインプレッション(下り編)

下りでアシストを切る必要はないが、僕は下りではアシストを切って乗ることにしている。多少の登り返しも含めて下りだと思っているし、友達にモーターがついてるからStrava PRを出したと言われるのは嬉しくないからだ。それなので、この下りのインプレッションはモーターなしの状態だ。Turbo Levo SL Comp Carbonのストック状態でまず乗ってみた。

いつもの超軽量にカスタムされたバイクと比較して、若干の重さを感じるものの(Turbo Levo SL Comp Carbonは19kg台)普通に下れる。ジャンプする時に少し癖があるが悪くはない。特に荒れた道をワープするようなスピードで走るような時は車重の重さからかいつもよりも跳ねずにめちゃくちゃ速い。「もしかしたら、普通のバイクよりも速くなるんじゃないか?」Turbo Levo SLの可能性を目の当たりにして、そんなことを思わずにいられなくなった。

その日の晩、もともとは普通のバイクとTurbo Levo SLで併用していこうと思っていたが、Turbo Levo SLが持つ可能性を見てみたくなり、我慢できずに、普通のバイクのパーツをすべて移植して自分好みのS-Worksを作るプロジェクトが始まった。

新しいライフスタイル

Turbo Levo SLは妻のお気に入りだ。妻がチョイ乗りしたときに楽しそうだったというのもあるが、一番は僕が家に早く帰ってこれるからだ。同じ本数の下りを半分ぐらいの時間でこなせるため、今までは乗りに行けなかったスキマ時間に乗りに行けて、それ以外の時間を家族と過ごせる。「普通のMTBがコーヒーだとしたら、Turbo Levo SLは風味豊かなエスプレッソだ。」ってな比喩を思いついたのだが、感覚がわかると嬉しい。

Turbo Levo SLのキャッチコピーがThe Power To Ride More Trailsなのだが、文字通りモーターがあるのでもっとトレイル走れますよということと、ライフスタイルが変革してもっとトレイルに乗れる時間が増えますよという2重の意味があることを改めて噛み締めている。

そう、Turbo Levo SLに乗り始めてから乗れる回数がめちゃめちゃ増えた。乗る回数を増やせるMTBなんて最高じゃないか。

次回は下りを最高に楽しむためのカスタム編、「スペシャの山の人がS-Worksグレードにカスタムしたら?」お届けします。

スぺシャの山の人のTwitterをチェック>

関連記事:
MTBシーンの未来を切り開くバイク Turbo Levo SL (2020年4月20日)
スペシャライズドe-Bike TURBO CREO SL/LEVO SL いよいよ発売開始!(2020年4月17日)
e-MTB Turbo Levo SL(ターボ リーヴォ エスエル)FAQ(2020年2月4日)
日本に最適!e-MTB Turbo Levo SL 鏑木 裕さんによる最速インプレッション(2020年2月4日)
e-マウンテンバイク TURBO LEVO SLデビュー(2020年2月4日)
「The best eMTB of 2020」2年連続No1を獲得!スペシャライズドLEVO(2020年1月31日)
e-MTB『Turbo LEVO』、初めてのUCI e-MTB世界選手権で王座に!(2019年9月4日)

カテゴリ:
マウンテン
キーワード:
Turbo
e-MTB
LevoSL
リーヴォ
e-BIKE
Levo

CALENDAR/カレンダー

<< 2020年8月 >>

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

TAG/タグ

TAG/タグ