The All-New Epic/Epic EVO FAQ

2020/06/24

The All-New Epic/Epic EVO FAQ

設計をイチから見直した新型Epic/Epic EVOに関するFAQをご紹介します。

Think Fastest -最速のカタチ- The All-New Epic/Epic EVOについて>

FAQ

新型EpicとEpic EVOの発売日は?
モデルにより異なりますが、6月から8月にかけて順次入荷予定です。


新型EpicとEpic EVOの違いは?
どちらのモデルもスピードを追求する形でデザインされていますが、スピードの対象がそれぞれ異なります。誰よりも早くゴールすることを開発目的としたEpicは、もっとも効率性に優れたBrain サスペンションプラットフォームを使用したおかげで、スペシャライズドが今までに作った中で最速のXC レースバイクです。

Epic EVOは、Epicならではの速さに荒れた路面の走破性を組み合わせており、スピードをもっとも重視したいバックカントリーでのアドベンチャーライドやシングルトラックライドに焦点を当てています。
開発目的が異なることを考慮して、新型EpicとEpic EVOはそれぞれスピードを最大限に引き出すために、トラベル量、サスペンションプラットフォーム、ジオメトリーが異なります。


新型EpicとEpic EVOのトラベル量は?
Epicは前後ともに100mm トラベル、Epic EVOはフロントが120mm、リアが110mmです。


Epic EVOがBrain サスペンションを採用しないのはなぜ?
簡単に言えば、特化のためです。新型EpicとEpic EVOに別々のサスペンションプラットフォームを与えることで、それぞれの用途に合った設計が可能になり、ほんのわずかな妥協さえ許さずに済みました。
このように特化させたことで、Brainプラットフォームからレースで優位に立てるパフォーマンスをできるだけ多く引き出せるようになり、レースに勝つためだけの効率性を得ることができました。
Epic EVOが対象とする速さは広範囲に渡るため、全サイズ/モデルに専用のRx Tune サスペンションとサスペンションキネマティクスを採用し、レースコース以外で速さを求めるライダーのために、走破性と効率性の完璧なバランスを実現しています。

新しいBrainについて詳しく>

新しいEpicにラインアップされるモデル数は?
EpicはS-Works 、Pro、Expert、Compの4種類(日本ではS-Works、Expert、Compの3種類の展開)、Epic EVOはS-Works、Pro、Expert、Comp 、Baseの5種類(日本ではExpert 、Compの2種類の展開)、そして両者にはS-Worksのフレームセット(日本ではEpicのみ展開)も用意されています。

Epic Line UPはこちらから>

Epic EVO Line UPはこちらから>


新しいEpic ラインの重量は?
S-Works Epicが約9.3kg、Epic EVO Expertが約11.4キロ(Lサイズ、全カラー平均)です。


新型EpicとEpic EVOの価格帯は?
日本円で44万から115万(税抜)です。バイク1台につき25ドルがOutride基金に寄付されます。


新型EpicとEpic EVOの最大タイヤサイズは?
Epicの最大タイヤサイズは前後2.3インチ、Epic EVOはフロント2.4インチ、リア2.3インチです。


新型EpicとEpic EVOに標準装備されるタイヤサイズは?
Epic全モデルは前後にFast Trak 29x2.3インチ(2BlissReady、Controlケーシング、60TPI、GRIPTON® コンパウンド)を、Epic EVO全モデルはフロントにGround Control 29x2.3インチ(2Bliss Ready、Control ケーシング、60TPI、GRIPTON® コンパウンド)、リアにFast Trak 29x2.3インチ(2BlissReady、Control ケーシング、60TPI、GRIPTON® コンパウンド)を搭載します。


ボトルケージの台座数と位置は?
新型EpicとEpic EVOは、XSを除く全サイズで通常サイズのウォーターボトル2本をフロントトライアングル内側に搭載できます。XS サイズはダウンチューブに1本のみとなります。(日本ではXSは未展開)

S-Works Epic


サテン/グロスカーボン/カラーランシルバーグリーンカメレオン

S-Works Epic Frameset


グロスレッドティント-ブラッシュドシルバー/ブラック/ホワイト-ゴールドパール


グロスブラッシュ/ブラック

 

Epic Expert


グロスレッドティント/ホワイトゴールドゴーストパール

Epic Comp


グロスフローレッド-レッドゴーストパール/メタリックホワイトシルバー

EPIC GEOMETRY(日本ではS/M/Lの展開)

Frame Size XS S M L XL
Stack (mm) 596 586 591 605 623
Reach (mm) 390 415 445 470 495
Head Tube Length (mm) 95 95 100 115 135
Head Tube Angle (°) 67.5 67.5 67.5 67.5 67.5
BB Height (mm) 314 324 324 324 324
BB Drop (mm) 58 48 48 48 48
Trail (mm) 106 106 106 106 106
Fork Length, Full (mm) 505 505 505 505 505
Fork Rake/Offset (mm) 44 44 44 44 44
Front Center (mm) 663 687 719 750 782
Chainstay Length (mm) 433 433 433 433 433
Wheelbase (mm) 1090 1116 1148 1179 1211
Bike Standover Height (mm) 740 763 766 776 788
Seat Tube Length (mm) 375 400 430 470 520
Seat Tube Angle (°) 76.5 75.8 75.5 75.5 75.5

Epic EVO Expert


グロスレッドウッド/スモーク

Epic EVO Comp


グロスブラッシーイエロー/ブラック

EPIC EVO GEOMETRY(日本ではS/M/Lの展開)

Frame Size XS S M L XL
Stack (mm) 603 593 597 611 629
Reach (mm) 380 406 436 460 485
Head Tube Length (mm) 95 95 100 115 135
Head Tube Angle (°) 66.5 66.5 66.5 66.5 66.5
BB Height (mm) 326 336 336 336 336
BB Drop (mm) 46 36 36 36 36
Trail (mm) 114 114 114 114 114
Fork Length, Full (mm) 530 530 530 530 530
Fork Rake/Offset (mm) 44 44 44 44 44
Front Center (mm) 672 697 729 759 792
Chainstay Length (mm) 438 438 438 438 438
Wheelbase (mm) 1106 1132 1164 1194 1227
Bike Standover Height (mm) 760 779 781 793 804
Seat Tube Length (mm) 375 400 430 470 520
Seat Tube Angle (°) 75.5 74.8 74.5 74.5 74.5

関連記事:
Think Fastest -最速のカタチ- The All-New Epic/Epic EVO(2020年06月24日)

マウンテンバイク初心者必見! マウンテンバイクの「いろは」(2020年6月更新)(2019年6月19日)
すべてのライダーにパフォーマンスを!新しいRockhopper(ロックホッパー)で山も街も楽しもう!(2020年5月13日)
初心者におすすめ!新型マウンテンバイク、Fuse登場!(2019年6月19日)
 

カテゴリ:
マウンテン
エキップメント
キーワード:
Epic
EpicEVO
Brain

2020/06/24

The All-New Epic/Epic EVO FAQ

設計をイチから見直した新型Epic/Epic EVOに関するFAQをご紹介します。

The All-New Epic/Epic EVO FAQ

Think Fastest -最速のカタチ- The All-New Epic/Epic EVOについて>

FAQ

新型EpicとEpic EVOの発売日は?
モデルにより異なりますが、6月から8月にかけて順次入荷予定です。


新型EpicとEpic EVOの違いは?
どちらのモデルもスピードを追求する形でデザインされていますが、スピードの対象がそれぞれ異なります。誰よりも早くゴールすることを開発目的としたEpicは、もっとも効率性に優れたBrain サスペンションプラットフォームを使用したおかげで、スペシャライズドが今までに作った中で最速のXC レースバイクです。

Epic EVOは、Epicならではの速さに荒れた路面の走破性を組み合わせており、スピードをもっとも重視したいバックカントリーでのアドベンチャーライドやシングルトラックライドに焦点を当てています。
開発目的が異なることを考慮して、新型EpicとEpic EVOはそれぞれスピードを最大限に引き出すために、トラベル量、サスペンションプラットフォーム、ジオメトリーが異なります。


新型EpicとEpic EVOのトラベル量は?
Epicは前後ともに100mm トラベル、Epic EVOはフロントが120mm、リアが110mmです。


Epic EVOがBrain サスペンションを採用しないのはなぜ?
簡単に言えば、特化のためです。新型EpicとEpic EVOに別々のサスペンションプラットフォームを与えることで、それぞれの用途に合った設計が可能になり、ほんのわずかな妥協さえ許さずに済みました。
このように特化させたことで、Brainプラットフォームからレースで優位に立てるパフォーマンスをできるだけ多く引き出せるようになり、レースに勝つためだけの効率性を得ることができました。
Epic EVOが対象とする速さは広範囲に渡るため、全サイズ/モデルに専用のRx Tune サスペンションとサスペンションキネマティクスを採用し、レースコース以外で速さを求めるライダーのために、走破性と効率性の完璧なバランスを実現しています。

新しいBrainについて詳しく>

新しいEpicにラインアップされるモデル数は?
EpicはS-Works 、Pro、Expert、Compの4種類(日本ではS-Works、Expert、Compの3種類の展開)、Epic EVOはS-Works、Pro、Expert、Comp 、Baseの5種類(日本ではExpert 、Compの2種類の展開)、そして両者にはS-Worksのフレームセット(日本ではEpicのみ展開)も用意されています。

Epic Line UPはこちらから>

Epic EVO Line UPはこちらから>


新しいEpic ラインの重量は?
S-Works Epicが約9.3kg、Epic EVO Expertが約11.4キロ(Lサイズ、全カラー平均)です。


新型EpicとEpic EVOの価格帯は?
日本円で44万から115万(税抜)です。バイク1台につき25ドルがOutride基金に寄付されます。


新型EpicとEpic EVOの最大タイヤサイズは?
Epicの最大タイヤサイズは前後2.3インチ、Epic EVOはフロント2.4インチ、リア2.3インチです。


新型EpicとEpic EVOに標準装備されるタイヤサイズは?
Epic全モデルは前後にFast Trak 29x2.3インチ(2BlissReady、Controlケーシング、60TPI、GRIPTON® コンパウンド)を、Epic EVO全モデルはフロントにGround Control 29x2.3インチ(2Bliss Ready、Control ケーシング、60TPI、GRIPTON® コンパウンド)、リアにFast Trak 29x2.3インチ(2BlissReady、Control ケーシング、60TPI、GRIPTON® コンパウンド)を搭載します。


ボトルケージの台座数と位置は?
新型EpicとEpic EVOは、XSを除く全サイズで通常サイズのウォーターボトル2本をフロントトライアングル内側に搭載できます。XS サイズはダウンチューブに1本のみとなります。(日本ではXSは未展開)

S-Works Epic


サテン/グロスカーボン/カラーランシルバーグリーンカメレオン

S-Works Epic Frameset


グロスレッドティント-ブラッシュドシルバー/ブラック/ホワイト-ゴールドパール


グロスブラッシュ/ブラック

 

Epic Expert


グロスレッドティント/ホワイトゴールドゴーストパール

Epic Comp


グロスフローレッド-レッドゴーストパール/メタリックホワイトシルバー

EPIC GEOMETRY(日本ではS/M/Lの展開)

Frame Size XS S M L XL
Stack (mm) 596 586 591 605 623
Reach (mm) 390 415 445 470 495
Head Tube Length (mm) 95 95 100 115 135
Head Tube Angle (°) 67.5 67.5 67.5 67.5 67.5
BB Height (mm) 314 324 324 324 324
BB Drop (mm) 58 48 48 48 48
Trail (mm) 106 106 106 106 106
Fork Length, Full (mm) 505 505 505 505 505
Fork Rake/Offset (mm) 44 44 44 44 44
Front Center (mm) 663 687 719 750 782
Chainstay Length (mm) 433 433 433 433 433
Wheelbase (mm) 1090 1116 1148 1179 1211
Bike Standover Height (mm) 740 763 766 776 788
Seat Tube Length (mm) 375 400 430 470 520
Seat Tube Angle (°) 76.5 75.8 75.5 75.5 75.5

Epic EVO Expert


グロスレッドウッド/スモーク

Epic EVO Comp


グロスブラッシーイエロー/ブラック

EPIC EVO GEOMETRY(日本ではS/M/Lの展開)

Frame Size XS S M L XL
Stack (mm) 603 593 597 611 629
Reach (mm) 380 406 436 460 485
Head Tube Length (mm) 95 95 100 115 135
Head Tube Angle (°) 66.5 66.5 66.5 66.5 66.5
BB Height (mm) 326 336 336 336 336
BB Drop (mm) 46 36 36 36 36
Trail (mm) 114 114 114 114 114
Fork Length, Full (mm) 530 530 530 530 530
Fork Rake/Offset (mm) 44 44 44 44 44
Front Center (mm) 672 697 729 759 792
Chainstay Length (mm) 438 438 438 438 438
Wheelbase (mm) 1106 1132 1164 1194 1227
Bike Standover Height (mm) 760 779 781 793 804
Seat Tube Length (mm) 375 400 430 470 520
Seat Tube Angle (°) 75.5 74.8 74.5 74.5 74.5

関連記事:
Think Fastest -最速のカタチ- The All-New Epic/Epic EVO(2020年06月24日)

マウンテンバイク初心者必見! マウンテンバイクの「いろは」(2020年6月更新)(2019年6月19日)
すべてのライダーにパフォーマンスを!新しいRockhopper(ロックホッパー)で山も街も楽しもう!(2020年5月13日)
初心者におすすめ!新型マウンテンバイク、Fuse登場!(2019年6月19日)
 

カテゴリ:
マウンテン
エキップメント
キーワード:
Epic
EpicEVO
Brain

CALENDAR/カレンダー

<< 2020年8月 >>

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

TAG/タグ

TAG/タグ