SEEK & ENJOY: AUSTRALIAN NORMCORE VACATION

2016/05/25

SEEK & ENJOY: AUSTRALIAN NORMCORE VACATION

旅は道連れ。昔ながらのバイクツアーでDivergeに乗り、シドニーからメルボルンへと走った旅の様子を見ていきましょう。

冒険者たちは、環境との戦いに多くの時間を割き、それを今まで培ってきた経験や知識により結びつけてきました。ヘリコプターでの救助活動、フィヨルド横断、熊除けスプレーが必需品となる土地など、異様な環境の中を喜んで走り、それを普通と呼んできたのです。根本的に彼らは、いわゆる一般のライダーが住む次元とは異なるのかもしれません。ここでの彼らの運命は、自然任せに近いものであり、冒険を探し出した一方で、中断するのも当然のことでした。

今回、冒険者たちが新たに生み出したのは、彼らの言う「オーストラリアン・ノームコア・ヴァケーション」でした。


 

ラカラン・モートンとケビン・フランクスをはじめとするクルーはDivergeに乗り、Airnetに命を預け、昔ながらのバイクツアーでシドニーからメルボルンへの旅に出ました。

DIVERGE をチェック >
ルックスも機能性も妥協なし。新型ヘルメット「Airnet」 >
「AIRNET」に限定カラーが登場 >

「昔ながら?」と疑問に思う方も多いでしょう。彼らは整備されたプリンセス・ハイウェイを通る今で言う普通のルートで行くより、ありとあらゆる種類の道、つまり道端でのディナー、辺境地のバー、たまに現れるウォーターパーク、旅行者を待ち構えるワナ... などなどで溢れた山岳ルートを選んだのです。これは自給自足スタイルの冒険です。特に今回の危険は、荒々しい氷河の表面流水や3メートル近い人食い熊ではなく、日焼け止めが不足した時に訪れました。

皆さま、オーストラリアという国はご存知でしょう。赤道の南に位置する、よく知られた島/大陸/国であり、地理的にも進化論的にも文化的にも特別な存在です。言うなれば、この地の一般論は、神話並みです。現地の知識がない人は、珍しい有袋動物、有毒昆虫や毒ヘビで溢れかえっていると思うかもしれません。四方を飢えた海水ワニやホオジロザメが取り囲む、巨大な島と考える人もいるでしょう。よそ者は、ルールと形式を持つある球技が古代文明時代の球技よりも理解できず、そのほとんどすべてが宗教的重要性を持っていると思うかもしれません。教養のない人は、フォスターズ(オーストラリアのビール)がどの店でも売られていると思うことでしょう。私たちはオーストラリアン・ノームコア・バイクツアーに向けて準備をする中で、頭の中はこれらの他にも風変わりな期待でいっぱいとなったのでした。

「普通過ぎる(ノームコア)バイクツアー」とは何でしょう? 私たちは1年のほとんどを、過酷な環境の土地を横切るバイクパッキングに費やしています。行った先すべてで雪が降り、酸素は薄く、動物は脅威となり、全体的に見ると、私たちは己の力でどこも切り抜けてきたのです。私たちのライドは刺激的なものでした。冒険とは誰かを危険に晒すことではありませんが、リスクは確実にその一部なのです。つまるところ、冒険とは記憶に残る経験が生まれる場と言えるでしょう。私たちは目覚ましく不運な状況を走り抜けてきたので、いくらかアクセスしやすく、心が折れることの少ない冒険をする時期に達したと言えます。

もっと普通でありながら、思い出に残るほどハードコアなもの。それがノームコアです。

今期が終わりに近づき(スペシャライズドは6月が期末なのです...)、私たちはスペシャライズドが誇るアドベンチャーバイク「Diverge」を披露するライドをまだ行っていないことに気がつきました。そこで考えたのです。Divergeとの冒険とはどんなものだろうかと。

私たちの結論が、オーストラリアでのノームコア・バイクツアーでした。Divergeはロードバイクのように速いですが、一日中乗っても快適です。未舗装路や砂利道、さらにはちょっとしたトレイルも走ることができ、ラックやパックを楽々と装着できるほど頑丈です。私たちは、シドニーからメルボルンまで走るのがこのバイクにぴったりだと考えました。

どちらも素晴らしい都市であり、スノーウィー・マウンテンズがその間に佇んでいます。調べてみると、この2都市間を走った人の大多数は、海岸線に沿ったプリンセス・ハイウェイを通っていることがわかりました。私たちがビーチに偏見を持っていると、思い込まないでください。もちろん、ビーチは美しく、波・夕日・イルカという素敵なイメージが強いですが、同時にジメジメしていて平坦で、プリンセス・ハイウェイもそうなのです。また、路肩すれすれを常にかっ飛ばす大型トレーラーやトラックで溢れています。私たちは誰もいない道、小さな町、オーストラリアの山々の経験、そして夕日を求めていました。結局、旅の始まりと終わりで海岸を見ることになったので、大陸南東の角っこを斜めに横切るルートを計画したのです。

私たちはオーストラリア横断で、苦しい道のりを選びませんでした。

これはただバイクに乗る旅ではありません。目当ての場所を訪れ、文化を経験したかったのです。サーフィンをし、野生のカンガルーと一緒に走り、神経質なコアラとランチを食べ、ウォーターパークを訪れ、この国最高のミートパイを食べ、真っ昼間に小さな町で地元民とともに生ビールを飲むのが目的でした。観光客向けアトラクションに加え、ジープロード、砂利道、裏道、混雑しているハイウェイの必要最低限の区間に沿って走る計画を立てました。自給自足スタイルで自分の荷物は自分で持ち、道中で見つけたモーテルや山小屋に泊まれるよう、現金も持って行きました。レストランで食事し、パブで軽食を食べ、食べる場所が見つからなければ、進むのに十分な量の食料をジャージとパックに詰め込みました。寒い思いをしたくなかったので、メリノウールではなく日焼け止めが、そしてジャケットではなくTシャツが必要となるルートを設定しました。

とは言うものの、大方の予想通り、ライドは期待以上に厳しいものとなりました。クルーが「70年代に戻ったみたいだ」と言うように、一日が長く感じられ、オーストラリア決してが平坦ではないと実感しました。大陸中央部の広大な砂漠を想像していましたが、実際はそれとはまったく異なっていました。道はアナコンダが狭い場所を通り抜ける時のようにクネクネし出しました。私たちのタイヤの下で、絶え間なくうねっていたのです。私たちが求めていた太陽はどうだったかって? 彼はよく顔を出していました。私たちはタイヤの下でアスファルトを溶かし得る、猛烈な温度の予期せぬ熱波に晒されることとなったのです。

しかし、私たちのオーストラリアの冒険は、ただの熱中症寸前の連続ではありませんでした。私たちの得た経験は壮大で、情けない脱水症状の連続よりもはるかに意味のあるものでした。これはつまり、ミートパイ、パーティーシャツ、楽屋訪問を意味します。ビリヤードの名プレーヤー、バイクギャング、最高のサーフィンでもあります。皆さんなら、奥地にあるパブの順位をどのように決めるでしょうか? スノーウィー・マウンテンズの最も幽霊の出そうな山小屋に泊まるのはどんな感じだと思いますか? 私たちは疑問に思い、実際に泊まってみました。それもこれも、Divergeによって紡がれた。最高の思い出になったのです。

DIVERGE をチェック >
ルックスも機能性も妥協なし。新型ヘルメット「Airnet」 >
「AIRNET」に限定カラーが登場 >

関連記事:
SEEK & ENJOY:FATBOY ROCK AND PLAN B | NEW ZEALAND(2016年2月17日)
THE BUCKEYE TRAIL | OHIO(2016年1月25日)

2016/05/25

SEEK & ENJOY: AUSTRALIAN NORMCORE VACATION

旅は道連れ。昔ながらのバイクツアーでDivergeに乗り、シドニーからメルボルンへと走った旅の様子を見ていきましょう。

SEEK & ENJOY: AUSTRALIAN NORMCORE VACATION

冒険者たちは、環境との戦いに多くの時間を割き、それを今まで培ってきた経験や知識により結びつけてきました。ヘリコプターでの救助活動、フィヨルド横断、熊除けスプレーが必需品となる土地など、異様な環境の中を喜んで走り、それを普通と呼んできたのです。根本的に彼らは、いわゆる一般のライダーが住む次元とは異なるのかもしれません。ここでの彼らの運命は、自然任せに近いものであり、冒険を探し出した一方で、中断するのも当然のことでした。

今回、冒険者たちが新たに生み出したのは、彼らの言う「オーストラリアン・ノームコア・ヴァケーション」でした。


 

ラカラン・モートンとケビン・フランクスをはじめとするクルーはDivergeに乗り、Airnetに命を預け、昔ながらのバイクツアーでシドニーからメルボルンへの旅に出ました。

DIVERGE をチェック >
ルックスも機能性も妥協なし。新型ヘルメット「Airnet」 >
「AIRNET」に限定カラーが登場 >

「昔ながら?」と疑問に思う方も多いでしょう。彼らは整備されたプリンセス・ハイウェイを通る今で言う普通のルートで行くより、ありとあらゆる種類の道、つまり道端でのディナー、辺境地のバー、たまに現れるウォーターパーク、旅行者を待ち構えるワナ... などなどで溢れた山岳ルートを選んだのです。これは自給自足スタイルの冒険です。特に今回の危険は、荒々しい氷河の表面流水や3メートル近い人食い熊ではなく、日焼け止めが不足した時に訪れました。

皆さま、オーストラリアという国はご存知でしょう。赤道の南に位置する、よく知られた島/大陸/国であり、地理的にも進化論的にも文化的にも特別な存在です。言うなれば、この地の一般論は、神話並みです。現地の知識がない人は、珍しい有袋動物、有毒昆虫や毒ヘビで溢れかえっていると思うかもしれません。四方を飢えた海水ワニやホオジロザメが取り囲む、巨大な島と考える人もいるでしょう。よそ者は、ルールと形式を持つある球技が古代文明時代の球技よりも理解できず、そのほとんどすべてが宗教的重要性を持っていると思うかもしれません。教養のない人は、フォスターズ(オーストラリアのビール)がどの店でも売られていると思うことでしょう。私たちはオーストラリアン・ノームコア・バイクツアーに向けて準備をする中で、頭の中はこれらの他にも風変わりな期待でいっぱいとなったのでした。

「普通過ぎる(ノームコア)バイクツアー」とは何でしょう? 私たちは1年のほとんどを、過酷な環境の土地を横切るバイクパッキングに費やしています。行った先すべてで雪が降り、酸素は薄く、動物は脅威となり、全体的に見ると、私たちは己の力でどこも切り抜けてきたのです。私たちのライドは刺激的なものでした。冒険とは誰かを危険に晒すことではありませんが、リスクは確実にその一部なのです。つまるところ、冒険とは記憶に残る経験が生まれる場と言えるでしょう。私たちは目覚ましく不運な状況を走り抜けてきたので、いくらかアクセスしやすく、心が折れることの少ない冒険をする時期に達したと言えます。

もっと普通でありながら、思い出に残るほどハードコアなもの。それがノームコアです。

今期が終わりに近づき(スペシャライズドは6月が期末なのです...)、私たちはスペシャライズドが誇るアドベンチャーバイク「Diverge」を披露するライドをまだ行っていないことに気がつきました。そこで考えたのです。Divergeとの冒険とはどんなものだろうかと。

私たちの結論が、オーストラリアでのノームコア・バイクツアーでした。Divergeはロードバイクのように速いですが、一日中乗っても快適です。未舗装路や砂利道、さらにはちょっとしたトレイルも走ることができ、ラックやパックを楽々と装着できるほど頑丈です。私たちは、シドニーからメルボルンまで走るのがこのバイクにぴったりだと考えました。

どちらも素晴らしい都市であり、スノーウィー・マウンテンズがその間に佇んでいます。調べてみると、この2都市間を走った人の大多数は、海岸線に沿ったプリンセス・ハイウェイを通っていることがわかりました。私たちがビーチに偏見を持っていると、思い込まないでください。もちろん、ビーチは美しく、波・夕日・イルカという素敵なイメージが強いですが、同時にジメジメしていて平坦で、プリンセス・ハイウェイもそうなのです。また、路肩すれすれを常にかっ飛ばす大型トレーラーやトラックで溢れています。私たちは誰もいない道、小さな町、オーストラリアの山々の経験、そして夕日を求めていました。結局、旅の始まりと終わりで海岸を見ることになったので、大陸南東の角っこを斜めに横切るルートを計画したのです。

私たちはオーストラリア横断で、苦しい道のりを選びませんでした。

これはただバイクに乗る旅ではありません。目当ての場所を訪れ、文化を経験したかったのです。サーフィンをし、野生のカンガルーと一緒に走り、神経質なコアラとランチを食べ、ウォーターパークを訪れ、この国最高のミートパイを食べ、真っ昼間に小さな町で地元民とともに生ビールを飲むのが目的でした。観光客向けアトラクションに加え、ジープロード、砂利道、裏道、混雑しているハイウェイの必要最低限の区間に沿って走る計画を立てました。自給自足スタイルで自分の荷物は自分で持ち、道中で見つけたモーテルや山小屋に泊まれるよう、現金も持って行きました。レストランで食事し、パブで軽食を食べ、食べる場所が見つからなければ、進むのに十分な量の食料をジャージとパックに詰め込みました。寒い思いをしたくなかったので、メリノウールではなく日焼け止めが、そしてジャケットではなくTシャツが必要となるルートを設定しました。

とは言うものの、大方の予想通り、ライドは期待以上に厳しいものとなりました。クルーが「70年代に戻ったみたいだ」と言うように、一日が長く感じられ、オーストラリア決してが平坦ではないと実感しました。大陸中央部の広大な砂漠を想像していましたが、実際はそれとはまったく異なっていました。道はアナコンダが狭い場所を通り抜ける時のようにクネクネし出しました。私たちのタイヤの下で、絶え間なくうねっていたのです。私たちが求めていた太陽はどうだったかって? 彼はよく顔を出していました。私たちはタイヤの下でアスファルトを溶かし得る、猛烈な温度の予期せぬ熱波に晒されることとなったのです。

しかし、私たちのオーストラリアの冒険は、ただの熱中症寸前の連続ではありませんでした。私たちの得た経験は壮大で、情けない脱水症状の連続よりもはるかに意味のあるものでした。これはつまり、ミートパイ、パーティーシャツ、楽屋訪問を意味します。ビリヤードの名プレーヤー、バイクギャング、最高のサーフィンでもあります。皆さんなら、奥地にあるパブの順位をどのように決めるでしょうか? スノーウィー・マウンテンズの最も幽霊の出そうな山小屋に泊まるのはどんな感じだと思いますか? 私たちは疑問に思い、実際に泊まってみました。それもこれも、Divergeによって紡がれた。最高の思い出になったのです。

DIVERGE をチェック >
ルックスも機能性も妥協なし。新型ヘルメット「Airnet」 >
「AIRNET」に限定カラーが登場 >

関連記事:
SEEK & ENJOY:FATBOY ROCK AND PLAN B | NEW ZEALAND(2016年2月17日)
THE BUCKEYE TRAIL | OHIO(2016年1月25日)

RECENTLY POST/最新の記事

CALENDAR/カレンダー

<< 2019年6月 >>

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

TAG/タグ

TAG/タグ