スペシャライズドから待望のe-ロードバイク【Turbo Creo SL】2020年春発売開始!

2019/12/05

スペシャライズドから待望のe-ロードバイク【Turbo Creo SL】2020年春発売開始!

スペシャライズドの最新技術が詰まったe-ロードバイクCreo SL(クレオ エスエル)を2020年春より発売します。まったく新しいスポーツをぜひご体感ください。

日本取り扱いモデルはこちらから>

Turbo Creo SL販売店はこちらから>

パフォーマンスロードの未来がここに
登りを平らに感じさせ、向かい風さえも余裕の表情で突き進み、想像以上に遠くまで行けるようになる、e-ロードバイクが新登場です。速く走れるようになったら、きっと楽しいはずですから。Turbo Creo SLなら、あなたはあなたのまま、さらに速く。

e-BIKEだと忘れるほどの軽さ
Creo SLはクラス最軽量のeロードバイクであるだけでなく、S-Works Creo SLなら重量わずか12.2kgと他社製品を数キロも凌ぐ軽さです。フレームの材料にFACT 11r カーボンを選び、スペシャライズドのフラッグシップロードモデルTarmacのように軽快にダンシングができ、コーナーへ勢いよく突っ込める特性を持たせました。これに油圧ダンパーのFutureShock 2.0を組み合わせ、バイクではなくライダーを路面の突き上げから切り離すことで、さらなる操作性、安心感、快適さをもたらします。

スムーズかつ静かでパワフル
Turbo(e-BIKE)を7年前に登場させて以来、完璧なe-BIKE、つまり“あなたはあなたのまま、さらに速く走れるバイク”を絶えず追求してきました。パフォーマンスロードバイクで使うには満足できるモーターやシステムが市販されていなかったため、自社開発を決定。カリフォルニアでデザインし、スイス(e-BIKE革命の中心地)で製造を行なったSL1.1 モーターは、パフォーマンスロードバイクに最適です。10年に及ぶ研究開発や実走テストに裏付けられ、パワー、重量、サイズ、走行可能距離、ライドクオリティーを完璧なバランスで実現。したがって、ペダリング感覚は自然なまま、安定したアシストを発揮します。

パフォーマンスeロードバイクを作るためには、これらの特徴をすべて盛り込み、真のパフォーマンスロードバイクならではのエクスペリエンスを得られるようにしなければなりませんでした。超軽量で静かなスペシャライズドのSL 1.1 モーターは、あなたの脚から推進力がすべて生み出されたと思ってしまうほどスムーズに、漕いだ力を倍増させます。出力が急に変化して、不安定な動きを見せることもありません。最大240ワットの出力があなたのケイデンスと同調し、アシストします。また、アシストをオフにしても、ライドを邪魔する走行抵抗は生まれません。

その走行可能距離に 並ぶものなし
内蔵バッテリー単体で最長約130キロの走行可能距離を誇るTurbo Creo SLは、バッテリー切れを心配することなく、アシストによるライドを楽しめます。S-Works モデルに付属し、他のモデルでは後から購入できるレンジエクステンダーを使えば、坂を平らに感じさせるパワーを最長でさらに約65キロ追加できます。

なお、内蔵バッテリーの容量は320Wh、レンジエクステンダーは160Whとなっています。Turbo Creo SLの内蔵バッテリーは、最短2時間35分で充電を完了できます。さらにはTurbo Creo SL レンジカリキュレーターを用意し、あなただけのライド内容に合わせた走行可能距離を計算できるようにしました。

アシストレベルを自在に操作
Mission Control アプリは、これまでに記録した膨大な量のライドデータを使い、Turboの能力を直感的かつシームレスに引き出せるようにします。これが、実際のライドで使うアプリになります。モーターには3種類のアシストモードがあり、各モードでは最大出力およびアシストの持続力の両方をほぼ際限なく調整できます。このアプリはさらに、Smart Controlを用いてバッテリー残量を自動で管理することもできます。走りたい距離や時間を入力するだけで、ライドを完了するのに必要な残量を確保できるのです。また、ライドの内容を記録してサードパーティーのアプリに送信することができます。さらには各種数値をANT+対応のコンピュータに送信するパワーメーターまでも内蔵しています。Creo SLではシームレスな通信が標準仕様であり、Mission Controlとの接続は常に任意で選べます。ライドに必要なすべての操作は、トップチューブ上のTurbo Connect Unitで行えます。

あなたはあなたのまま、さらに速く
Turbo Creo SL EVOは、このバイクの革命的と言えるeロードパフォーマンスを利用して、冒険や探索といった新たな機会を生み出します。その幅広い用途に対応したスペックにはPathfinder 38mm タイヤ、Adventure Gear Hover フレアバー、ドロッパーポストも含まれ、グラベルでのロングライドからバイクパッキング、さらには初めて訪れるフィールドの開拓までも行えます。

日本取り扱いモデル

〇S-Works Turbo Cero SL
他のS-Works モデルと同様、S-Works Turbo Cero SLはスペシャライズドのフラッグシップモデル。FACT 11r カーボンのフレームとフォークには、油圧ダンパーを備えたFuture Shock 2.0や、Shimano Dura-Ace Di2、XTR リアディレイラー、ワイドなギア比の11-42t カセットを含む1x ドライブトレインを採用します。

足元にはRoval CLX 50 Disc カーボンホイールとS-Works Turbo 28mm タイヤを組み合わせ、またS-Works Carbon Hover バー、S-Works FutureStem、Body Geometry S-Works Power サドルを搭載させました。いつまでも乗っていたくなるはずですので、レンジエクステンダーも付属しています。


S-Works Turbo Cero SL

〇Turbo Creo SL Expert
Turbo Creo SL Expertは、FACT 11r カーボンのフレームとフォークに油圧ダンパーのFuture Shock 2.0を搭載します。Shimano Ultegra Di2 1x ドライブトレインにXT リアディレイラーと11-42tのカセットを組み合わせ、Roval C 38 Disc カーボンホイールとTurboPro 28mm タイヤを履かせました。また、コックピット周りにはFuture Stem Pro、Expert Hover アルミ合金バー、Body Geometry Power Sport サドルを選びました。


Turbo Creo SL Expert

〇Turbo Creo SL Expert EVO
Turbo Creo SL Expert EVOは、S-WorksやExpert モデルと同じFACT 11r カーボンのフレームとフォークや油圧ダンパー式のFuture Shock 2.0を用いますが、スペックはよりアドベンチャーに特化したものを採用しています。Shimano Ultegra Di2 1x グループセットにXT リアディレイラーと11-42t カセットの組み合わせや、Pathfinder Pro 2Bliss Ready 38mm タイヤとRoval C 38 Disc ホイールはグラベルライドにぴったりです。12度のフレアが付いたAdventure Gearバー、Future Stem Pro、Body Geometry Power Sportサドルが、この多目的な1台の操作性を高めます。


Turbo Creo SL Expert EVO

〇Turbo Creo SL Comp Carbon(2色)
Fact 11r カーボンフレームを採用したこのモデルには、Future Shock 2.0、1x仕様のShimano GRX グループセット、11-42tのカセット、Turbo Pro タイヤを履かせたDTスイス R470 アロイホイールを選びました。さらに、Future Stem ProとBody Geometry Power Sport サドルがそのスペックにより磨きをかけています。


Turbo Creo SL Comp Carbon


Turbo Creo SL Comp Carbon

〇Turbo Creo SL Comp Carbon EVO
このモデルは、Fact 11r カーボンフレームにFuture Shock 2.0、1x仕様のShimano GRX グループセット、Future Stem Pro、Body Geometry Power Sport サドル、DTスイス R470 アロイホイールを搭載。また、Pathfinder Pro タイヤ、ドロッパーポスト、フレア形状のハンドルバーも採用し、冒険にいつでも出かけられます。


Turbo Creo SL Comp Carbon EVO

Turbo Creo SL販売店

都道府県 店舗名 電話
北海道 札幌じてんしゃ本舗 011-790-1575
宮城県 BRENDA 022-779-5201
栃木県 CYCLESHOP FUN 0283-24-5516
千葉県 輪工房 04-7124-6491
埼玉県 スポーツバイクファクトリー 北浦和スズキ 048-883-7077
東京都 スペシャライズド銀座 03-6263-2405
東京都 スペシャライズド新宿 03-5332-5900
東京都 なるしまフレンド 神宮店 03-3405-9614
神奈川県 SBC 厚木店 046-294-5855
長野県 BIKE RANCH 0263-50-6884
石川県 サイクルショップ カガ 076-298-3302
愛知県 カトーサイクル 052-811-3741
愛知県 カミハギサイクル 名城店 052-934-7200
大阪府 ラビットストリート 江坂店 06-6330-1189
兵庫県 ラビットストリート 神戸店(2020年1月オープン) 078-360-1189(オープンより開通)
広島県 Bullseye Bicycle 082-263-6229
徳島県 ナカニシサイクル 088-625-2864
愛媛県 B-shop OCHI 0897-55-2048
福岡県 ZING ZING FUKUOKA IWAI 092-532-3150
沖縄県 沖縄輪業 前島店 098‐868-0404

Turbo Creo SLの試乗会は現在企画中です。公式ブログSNSで最新情報のご確認をお願いします。

Turbo Creo SLについてより詳しく>
Turbo Creo SL EVOについてより詳しく>
オンラインストアでCreoをチェック>

関連記事:
e-ロードバイク【Turbo Creo SL】に関するFAQ (2019年12月5日)
スペシャライズド電動マウンテンバイク『Turbo LEVO』、初めてのUCI E-MTB世界選手権で王座に!(2019年9月4日)
 

2019/12/05

スペシャライズドから待望のe-ロードバイク【Turbo Creo SL】2020年春発売開始!

スペシャライズドの最新技術が詰まったe-ロードバイクCreo SL(クレオ エスエル)を2020年春より発売します。まったく新しいスポーツをぜひご体感ください。

スペシャライズドから待望のe-ロードバイク【Turbo Creo SL】2020年春発売開始!

日本取り扱いモデルはこちらから>

Turbo Creo SL販売店はこちらから>

パフォーマンスロードの未来がここに
登りを平らに感じさせ、向かい風さえも余裕の表情で突き進み、想像以上に遠くまで行けるようになる、e-ロードバイクが新登場です。速く走れるようになったら、きっと楽しいはずですから。Turbo Creo SLなら、あなたはあなたのまま、さらに速く。

e-BIKEだと忘れるほどの軽さ
Creo SLはクラス最軽量のeロードバイクであるだけでなく、S-Works Creo SLなら重量わずか12.2kgと他社製品を数キロも凌ぐ軽さです。フレームの材料にFACT 11r カーボンを選び、スペシャライズドのフラッグシップロードモデルTarmacのように軽快にダンシングができ、コーナーへ勢いよく突っ込める特性を持たせました。これに油圧ダンパーのFutureShock 2.0を組み合わせ、バイクではなくライダーを路面の突き上げから切り離すことで、さらなる操作性、安心感、快適さをもたらします。

スムーズかつ静かでパワフル
Turbo(e-BIKE)を7年前に登場させて以来、完璧なe-BIKE、つまり“あなたはあなたのまま、さらに速く走れるバイク”を絶えず追求してきました。パフォーマンスロードバイクで使うには満足できるモーターやシステムが市販されていなかったため、自社開発を決定。カリフォルニアでデザインし、スイス(e-BIKE革命の中心地)で製造を行なったSL1.1 モーターは、パフォーマンスロードバイクに最適です。10年に及ぶ研究開発や実走テストに裏付けられ、パワー、重量、サイズ、走行可能距離、ライドクオリティーを完璧なバランスで実現。したがって、ペダリング感覚は自然なまま、安定したアシストを発揮します。

パフォーマンスeロードバイクを作るためには、これらの特徴をすべて盛り込み、真のパフォーマンスロードバイクならではのエクスペリエンスを得られるようにしなければなりませんでした。超軽量で静かなスペシャライズドのSL 1.1 モーターは、あなたの脚から推進力がすべて生み出されたと思ってしまうほどスムーズに、漕いだ力を倍増させます。出力が急に変化して、不安定な動きを見せることもありません。最大240ワットの出力があなたのケイデンスと同調し、アシストします。また、アシストをオフにしても、ライドを邪魔する走行抵抗は生まれません。

その走行可能距離に 並ぶものなし
内蔵バッテリー単体で最長約130キロの走行可能距離を誇るTurbo Creo SLは、バッテリー切れを心配することなく、アシストによるライドを楽しめます。S-Works モデルに付属し、他のモデルでは後から購入できるレンジエクステンダーを使えば、坂を平らに感じさせるパワーを最長でさらに約65キロ追加できます。

なお、内蔵バッテリーの容量は320Wh、レンジエクステンダーは160Whとなっています。Turbo Creo SLの内蔵バッテリーは、最短2時間35分で充電を完了できます。さらにはTurbo Creo SL レンジカリキュレーターを用意し、あなただけのライド内容に合わせた走行可能距離を計算できるようにしました。

アシストレベルを自在に操作
Mission Control アプリは、これまでに記録した膨大な量のライドデータを使い、Turboの能力を直感的かつシームレスに引き出せるようにします。これが、実際のライドで使うアプリになります。モーターには3種類のアシストモードがあり、各モードでは最大出力およびアシストの持続力の両方をほぼ際限なく調整できます。このアプリはさらに、Smart Controlを用いてバッテリー残量を自動で管理することもできます。走りたい距離や時間を入力するだけで、ライドを完了するのに必要な残量を確保できるのです。また、ライドの内容を記録してサードパーティーのアプリに送信することができます。さらには各種数値をANT+対応のコンピュータに送信するパワーメーターまでも内蔵しています。Creo SLではシームレスな通信が標準仕様であり、Mission Controlとの接続は常に任意で選べます。ライドに必要なすべての操作は、トップチューブ上のTurbo Connect Unitで行えます。

あなたはあなたのまま、さらに速く
Turbo Creo SL EVOは、このバイクの革命的と言えるeロードパフォーマンスを利用して、冒険や探索といった新たな機会を生み出します。その幅広い用途に対応したスペックにはPathfinder 38mm タイヤ、Adventure Gear Hover フレアバー、ドロッパーポストも含まれ、グラベルでのロングライドからバイクパッキング、さらには初めて訪れるフィールドの開拓までも行えます。

日本取り扱いモデル

〇S-Works Turbo Cero SL
他のS-Works モデルと同様、S-Works Turbo Cero SLはスペシャライズドのフラッグシップモデル。FACT 11r カーボンのフレームとフォークには、油圧ダンパーを備えたFuture Shock 2.0や、Shimano Dura-Ace Di2、XTR リアディレイラー、ワイドなギア比の11-42t カセットを含む1x ドライブトレインを採用します。

足元にはRoval CLX 50 Disc カーボンホイールとS-Works Turbo 28mm タイヤを組み合わせ、またS-Works Carbon Hover バー、S-Works FutureStem、Body Geometry S-Works Power サドルを搭載させました。いつまでも乗っていたくなるはずですので、レンジエクステンダーも付属しています。


S-Works Turbo Cero SL

〇Turbo Creo SL Expert
Turbo Creo SL Expertは、FACT 11r カーボンのフレームとフォークに油圧ダンパーのFuture Shock 2.0を搭載します。Shimano Ultegra Di2 1x ドライブトレインにXT リアディレイラーと11-42tのカセットを組み合わせ、Roval C 38 Disc カーボンホイールとTurboPro 28mm タイヤを履かせました。また、コックピット周りにはFuture Stem Pro、Expert Hover アルミ合金バー、Body Geometry Power Sport サドルを選びました。


Turbo Creo SL Expert

〇Turbo Creo SL Expert EVO
Turbo Creo SL Expert EVOは、S-WorksやExpert モデルと同じFACT 11r カーボンのフレームとフォークや油圧ダンパー式のFuture Shock 2.0を用いますが、スペックはよりアドベンチャーに特化したものを採用しています。Shimano Ultegra Di2 1x グループセットにXT リアディレイラーと11-42t カセットの組み合わせや、Pathfinder Pro 2Bliss Ready 38mm タイヤとRoval C 38 Disc ホイールはグラベルライドにぴったりです。12度のフレアが付いたAdventure Gearバー、Future Stem Pro、Body Geometry Power Sportサドルが、この多目的な1台の操作性を高めます。


Turbo Creo SL Expert EVO

〇Turbo Creo SL Comp Carbon(2色)
Fact 11r カーボンフレームを採用したこのモデルには、Future Shock 2.0、1x仕様のShimano GRX グループセット、11-42tのカセット、Turbo Pro タイヤを履かせたDTスイス R470 アロイホイールを選びました。さらに、Future Stem ProとBody Geometry Power Sport サドルがそのスペックにより磨きをかけています。


Turbo Creo SL Comp Carbon


Turbo Creo SL Comp Carbon

〇Turbo Creo SL Comp Carbon EVO
このモデルは、Fact 11r カーボンフレームにFuture Shock 2.0、1x仕様のShimano GRX グループセット、Future Stem Pro、Body Geometry Power Sport サドル、DTスイス R470 アロイホイールを搭載。また、Pathfinder Pro タイヤ、ドロッパーポスト、フレア形状のハンドルバーも採用し、冒険にいつでも出かけられます。


Turbo Creo SL Comp Carbon EVO

Turbo Creo SL販売店

都道府県 店舗名 電話
北海道 札幌じてんしゃ本舗 011-790-1575
宮城県 BRENDA 022-779-5201
栃木県 CYCLESHOP FUN 0283-24-5516
千葉県 輪工房 04-7124-6491
埼玉県 スポーツバイクファクトリー 北浦和スズキ 048-883-7077
東京都 スペシャライズド銀座 03-6263-2405
東京都 スペシャライズド新宿 03-5332-5900
東京都 なるしまフレンド 神宮店 03-3405-9614
神奈川県 SBC 厚木店 046-294-5855
長野県 BIKE RANCH 0263-50-6884
石川県 サイクルショップ カガ 076-298-3302
愛知県 カトーサイクル 052-811-3741
愛知県 カミハギサイクル 名城店 052-934-7200
大阪府 ラビットストリート 江坂店 06-6330-1189
兵庫県 ラビットストリート 神戸店(2020年1月オープン) 078-360-1189(オープンより開通)
広島県 Bullseye Bicycle 082-263-6229
徳島県 ナカニシサイクル 088-625-2864
愛媛県 B-shop OCHI 0897-55-2048
福岡県 ZING ZING FUKUOKA IWAI 092-532-3150
沖縄県 沖縄輪業 前島店 098‐868-0404

Turbo Creo SLの試乗会は現在企画中です。公式ブログSNSで最新情報のご確認をお願いします。

Turbo Creo SLについてより詳しく>
Turbo Creo SL EVOについてより詳しく>
オンラインストアでCreoをチェック>

関連記事:
e-ロードバイク【Turbo Creo SL】に関するFAQ (2019年12月5日)
スペシャライズド電動マウンテンバイク『Turbo LEVO』、初めてのUCI E-MTB世界選手権で王座に!(2019年9月4日)
 

CALENDAR/カレンダー

<< 2020年2月 >>

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

TAG/タグ

TAG/タグ