e-Bikeの未来が、今ここに。超軽量なe-Bike Turbo Vado SL(ターボ ヴァド エスエル)デビュー

2020/05/13

e-Bikeの未来が、今ここに。超軽量なe-Bike Turbo Vado SL(ターボ ヴァド エスエル)デビュー

軽々と持ち上げられる超軽量のTurbo Vado SLほど、航続距離やパワーを高めたe-Bikeは他にありません。

Turbo Vado SLについて詳しく>
Turbo Vado SLに関するFAQ
Turbo Vado SLをオンラインストアでチェック>
e-Bike Turbo 販売店一覧はこちらから>

ちょっとのアシストでライドを大きく変えるバイク

私たちは、新たな転換期を迎えています。2050年までに、世界の人口の68%は都市部に移ると言われています。[i]この急速な都市化により、現在のインフラは限界を迎え、混雑がさらに増え、移動手段の見直しに迫られています。コロンビアの首都ボゴタやドイツの首都ベルリンなどの都市では、4輪の自動車の代わりに2輪車を前提とした道路の利用方法に見直しが行われています。e-Bikeは短距離の移動において自動車にとって代わることでしょう。渋滞に巻き込まれることもなく、駐車場を探さなくて済み、高額な月々の維持費もありません。

さらに、e-Bikeは二酸化炭素の排出量がもっとも多い自動車での移動(特に短距離)や大気汚染による公衆衛生の懸念をなくすことで、気候変動問題に真っ向から挑む一方、人々の運動不足をも解消します。最近の研究によると、e-Bikeのライダーは頻繁に長い距離を走ることが判明し、平均的にペダルバイクのライダーよりもより多くの運動をしているそうです。[ii]。つまり、今ほど私たちの健康、コミュニティー、地球の将来への投資に絶好のタイミングはないのです。

i https://www.un.org/development/desa/en/news/population/2018-revision-of-world-urbanization-prospects.html
ii https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S259019821930017X

軽々と持ち上げられる超軽量のTurbo Vado SLほど、航続距離やパワーを高めたe-Bikeは他にありません。

完璧なバランス


坂でも渋滞でも、ペダルを漕げばスイスイと進みます。モーターは時速24kmまでアシストし、最長130kmの走行が可能です。一般的なe-Bikeより40%軽く、住居やオフィスの階段や廊下での出し入れが簡単で、あなたの生活をあらゆる面で支えます。

e-Bikeだと忘れるほどの軽さ


SLとはSuper Light、つまり超軽量の意味で、平均的なe-Bikeより40%軽量です。超軽量のTurbo Vado SLほど、軽々と持ち上げることができながら、航続距離やパワーを高めたe-Bikeは他にありません。スペシャライズド本社で開発したSL 1.1 システムをTurbo Creo SL ロードバイクやTurbo Levo SL マウンテンバイクに搭載させ、こだわりの強いライダーのニーズを満たすとともに、カジュアルライドや通勤に向けたラインアップにも採用し、今までにない軽快な操作感を与えています。

RELIABILITY信頼性

最優先されるべきは、行きたい場所に速くたどり着けること。あらゆる気象条件の下、世界各地でテストを行ったTurbo Vado SLは、そんな目的を達成するよう作られています。Turbo Vado SLは、軽さ、パワー、航続距離、ライドクオリティーに優れ、もっと頻繁に走り、行けると思っていなかった場所へ行こうという気にさせます。

持ち運べるレンジエクステンダー
 

Turbo Vado SLの内蔵バッテリーは、容量320Wh、航続距離は130kmです。また、別売のレンジエクステンダーを追加すれば、航続距離をさらに65km伸ばせます。このコンパクトなバッテリーは着脱式ですので、屋内に持ち運んで簡単に充電できます。

パフォーマンス
 

カリフォルニアでデザインされ、スイスで設計された新しいスペシャライズド SL 1.1 モーターは、e-Bikeに理想的な超軽量で高性能のモーターです。超軽量でとても静かなこのシステムは、漕いだ力をスムーズに倍増させ、不自然な動きを感じることはありません。ケイデンスと同調して最高時速24kmまで、240ワットのパワーがアシスト。モーターはアシスト速度を超えても、ぎこちなく停止したり抵抗を生んだりすることはないため、自然なペダリングを保ったままスムーズに走り続けられます。

高い安心感


快適と感じられれば、それは安心できている証拠。Vado SLは性能を犠牲にせず、快適さをもたらすよう作られています。太いタイヤは路面の細かなバンプを吸収し、舗装路と未舗装路の両方でハンドリング性に優れ、速度域にかかわらず安定しています。5.0 モデルに搭載されたFuture Shock テクノロジーは、超軽量なサスペンション。荒れた路面から手に伝わる不快な振動を、重たくて大きいサスペンションフォークと比べて約40%軽減させます。どのモデルも制動力の高いディスクブレーキ、変速操作が簡単な1x シフティング、前後の一体型ライト、再帰反射デカールとタイヤ、快適なサドルとグリップを標準装備します。

MISSION CONTROL

アシストレベルを調整し、ルートに合わせたバッテリー残量を確保。サービスが必要な時にはリモートで診断を受け取り、記録したライド情報を仲間と共有し、愛車にあなただけの名前を付けましょう。バイクをスマートフォンと接続させると、できることが広がります。

MADE FOR RIDERS, BY RIDERS

1974年の創業から掲げてきた目標は1つ。それは、ライダーの生活を向上し、革新すること。これまでの45年で、世界一効率的な乗り物のために投資し、ひたむきに改良してきました。バイク専用の風洞施設を建設し、空力性能を研究したり、世界各地に研究室を設立し、より軽くて強く速い形状や素材の試作品をすばやく製作できるようにしたり、さらにはデータ取得システムを開発し、サスペンション・キネマティクスやライドクオリティーの評価と向上に務めています。その間にも、仲間との楽しいライドの時間を欠かすことはありません。

2010年には、e-Bike(電動バイク)の開発に着手しました。妥協を許さないライダーたちのため、四半世紀超の歴史に培われた経験をもとに、スイスの新たな開発センター(e-Bike革命の中心地)で初の本格的なe-Bike Turbo S が生まれました。ラインアップが5モデルに増えた7年後の今、スペシャライズドは完璧なe-Bike、つまり、あなたはあなたのまま、さらに速く走れるようになる1台を追い求め続けています。(日本での展開は現在3モデル)

どちらのTurbo Vado SL?

TURBO VADO SL EQUIPPED

日々の通勤・通学、近所への買い出し、街中の移動にはこのバイク。スタンド、フェンダー、ラックがセットになったモデル。

●Vado SL 5.0 EQ


Tarmac Black / Cast Battleship / Black Reflective


Brushed Aluminum / Black Reflective

●Vado SL 4.0 EQ


Dove Gray / Acid Lava / Cast Black Reflective


Navy / White Mountains Reflective

TURBO VADO SL UNEQUIPPED

ワークアウトや人里離れた道の散策にはこのバイク

●Vado SL 5.0



Brushed Aluminum / Black Reflective

●Vado SL 4.0


Crimson Red Tint / Black Reflective


Abalone / Black Reflective


SATIN NEARLY BLACK / BLACK REFLECTIVE

  

Turbo Vado SLについて詳しく>
Turbo Vado SLに関するFAQ
Turbo Vado SLをオンラインストアでチェック>
e-Bike Turbo 販売店一覧はこちらから>

関連記事:
e-MTB Turbo Levo SL(ターボ リーヴォ エスエル)デビュー(2020年2月4日)
e-MTB Turbo Levo SL(ターボ リーヴォ エスエル)FAQ(2020年2月4日)
竹谷 賢二さんによるe-ロードバイクTurbo Creo(クレオ)SL Expert EVO試乗レポート(2019年12月6日)
e-ロードバイク【Turbo Creo SL】に関するFAQ(2019年12月5日)
スペシャライズドから待望のe-ロードバイク【Turbo Creo SL】2020年春発売開始! (2019年12月5日)

2020/05/13

e-Bikeの未来が、今ここに。超軽量なe-Bike Turbo Vado SL(ターボ ヴァド エスエル)デビュー

軽々と持ち上げられる超軽量のTurbo Vado SLほど、航続距離やパワーを高めたe-Bikeは他にありません。

e-Bikeの未来が、今ここに。超軽量なe-Bike Turbo Vado SL(ターボ ヴァド エスエル)デビュー

Turbo Vado SLについて詳しく>
Turbo Vado SLに関するFAQ
Turbo Vado SLをオンラインストアでチェック>
e-Bike Turbo 販売店一覧はこちらから>

ちょっとのアシストでライドを大きく変えるバイク

私たちは、新たな転換期を迎えています。2050年までに、世界の人口の68%は都市部に移ると言われています。[i]この急速な都市化により、現在のインフラは限界を迎え、混雑がさらに増え、移動手段の見直しに迫られています。コロンビアの首都ボゴタやドイツの首都ベルリンなどの都市では、4輪の自動車の代わりに2輪車を前提とした道路の利用方法に見直しが行われています。e-Bikeは短距離の移動において自動車にとって代わることでしょう。渋滞に巻き込まれることもなく、駐車場を探さなくて済み、高額な月々の維持費もありません。

さらに、e-Bikeは二酸化炭素の排出量がもっとも多い自動車での移動(特に短距離)や大気汚染による公衆衛生の懸念をなくすことで、気候変動問題に真っ向から挑む一方、人々の運動不足をも解消します。最近の研究によると、e-Bikeのライダーは頻繁に長い距離を走ることが判明し、平均的にペダルバイクのライダーよりもより多くの運動をしているそうです。[ii]。つまり、今ほど私たちの健康、コミュニティー、地球の将来への投資に絶好のタイミングはないのです。

i https://www.un.org/development/desa/en/news/population/2018-revision-of-world-urbanization-prospects.html
ii https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S259019821930017X

軽々と持ち上げられる超軽量のTurbo Vado SLほど、航続距離やパワーを高めたe-Bikeは他にありません。

完璧なバランス


坂でも渋滞でも、ペダルを漕げばスイスイと進みます。モーターは時速24kmまでアシストし、最長130kmの走行が可能です。一般的なe-Bikeより40%軽く、住居やオフィスの階段や廊下での出し入れが簡単で、あなたの生活をあらゆる面で支えます。

e-Bikeだと忘れるほどの軽さ


SLとはSuper Light、つまり超軽量の意味で、平均的なe-Bikeより40%軽量です。超軽量のTurbo Vado SLほど、軽々と持ち上げることができながら、航続距離やパワーを高めたe-Bikeは他にありません。スペシャライズド本社で開発したSL 1.1 システムをTurbo Creo SL ロードバイクやTurbo Levo SL マウンテンバイクに搭載させ、こだわりの強いライダーのニーズを満たすとともに、カジュアルライドや通勤に向けたラインアップにも採用し、今までにない軽快な操作感を与えています。

RELIABILITY信頼性

最優先されるべきは、行きたい場所に速くたどり着けること。あらゆる気象条件の下、世界各地でテストを行ったTurbo Vado SLは、そんな目的を達成するよう作られています。Turbo Vado SLは、軽さ、パワー、航続距離、ライドクオリティーに優れ、もっと頻繁に走り、行けると思っていなかった場所へ行こうという気にさせます。

持ち運べるレンジエクステンダー
 

Turbo Vado SLの内蔵バッテリーは、容量320Wh、航続距離は130kmです。また、別売のレンジエクステンダーを追加すれば、航続距離をさらに65km伸ばせます。このコンパクトなバッテリーは着脱式ですので、屋内に持ち運んで簡単に充電できます。

パフォーマンス
 

カリフォルニアでデザインされ、スイスで設計された新しいスペシャライズド SL 1.1 モーターは、e-Bikeに理想的な超軽量で高性能のモーターです。超軽量でとても静かなこのシステムは、漕いだ力をスムーズに倍増させ、不自然な動きを感じることはありません。ケイデンスと同調して最高時速24kmまで、240ワットのパワーがアシスト。モーターはアシスト速度を超えても、ぎこちなく停止したり抵抗を生んだりすることはないため、自然なペダリングを保ったままスムーズに走り続けられます。

高い安心感


快適と感じられれば、それは安心できている証拠。Vado SLは性能を犠牲にせず、快適さをもたらすよう作られています。太いタイヤは路面の細かなバンプを吸収し、舗装路と未舗装路の両方でハンドリング性に優れ、速度域にかかわらず安定しています。5.0 モデルに搭載されたFuture Shock テクノロジーは、超軽量なサスペンション。荒れた路面から手に伝わる不快な振動を、重たくて大きいサスペンションフォークと比べて約40%軽減させます。どのモデルも制動力の高いディスクブレーキ、変速操作が簡単な1x シフティング、前後の一体型ライト、再帰反射デカールとタイヤ、快適なサドルとグリップを標準装備します。

MISSION CONTROL

アシストレベルを調整し、ルートに合わせたバッテリー残量を確保。サービスが必要な時にはリモートで診断を受け取り、記録したライド情報を仲間と共有し、愛車にあなただけの名前を付けましょう。バイクをスマートフォンと接続させると、できることが広がります。

MADE FOR RIDERS, BY RIDERS

1974年の創業から掲げてきた目標は1つ。それは、ライダーの生活を向上し、革新すること。これまでの45年で、世界一効率的な乗り物のために投資し、ひたむきに改良してきました。バイク専用の風洞施設を建設し、空力性能を研究したり、世界各地に研究室を設立し、より軽くて強く速い形状や素材の試作品をすばやく製作できるようにしたり、さらにはデータ取得システムを開発し、サスペンション・キネマティクスやライドクオリティーの評価と向上に務めています。その間にも、仲間との楽しいライドの時間を欠かすことはありません。

2010年には、e-Bike(電動バイク)の開発に着手しました。妥協を許さないライダーたちのため、四半世紀超の歴史に培われた経験をもとに、スイスの新たな開発センター(e-Bike革命の中心地)で初の本格的なe-Bike Turbo S が生まれました。ラインアップが5モデルに増えた7年後の今、スペシャライズドは完璧なe-Bike、つまり、あなたはあなたのまま、さらに速く走れるようになる1台を追い求め続けています。(日本での展開は現在3モデル)

どちらのTurbo Vado SL?

TURBO VADO SL EQUIPPED

日々の通勤・通学、近所への買い出し、街中の移動にはこのバイク。スタンド、フェンダー、ラックがセットになったモデル。

●Vado SL 5.0 EQ


Tarmac Black / Cast Battleship / Black Reflective


Brushed Aluminum / Black Reflective

●Vado SL 4.0 EQ


Dove Gray / Acid Lava / Cast Black Reflective


Navy / White Mountains Reflective

TURBO VADO SL UNEQUIPPED

ワークアウトや人里離れた道の散策にはこのバイク

●Vado SL 5.0



Brushed Aluminum / Black Reflective

●Vado SL 4.0


Crimson Red Tint / Black Reflective


Abalone / Black Reflective


SATIN NEARLY BLACK / BLACK REFLECTIVE

  

Turbo Vado SLについて詳しく>
Turbo Vado SLに関するFAQ
Turbo Vado SLをオンラインストアでチェック>
e-Bike Turbo 販売店一覧はこちらから>

関連記事:
e-MTB Turbo Levo SL(ターボ リーヴォ エスエル)デビュー(2020年2月4日)
e-MTB Turbo Levo SL(ターボ リーヴォ エスエル)FAQ(2020年2月4日)
竹谷 賢二さんによるe-ロードバイクTurbo Creo(クレオ)SL Expert EVO試乗レポート(2019年12月6日)
e-ロードバイク【Turbo Creo SL】に関するFAQ(2019年12月5日)
スペシャライズドから待望のe-ロードバイク【Turbo Creo SL】2020年春発売開始! (2019年12月5日)

CALENDAR/カレンダー

<< 2020年7月 >>

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

TAG/タグ

TAG/タグ