TURBO VADO SLに関するFAQ

2020/05/13

TURBO VADO SLに関するFAQ

軽々と持ち上げられる超軽量のTurbo Vado SLに関するFAQをご紹介します。

 

TURBO VADO SLの発売時期は?
2020年5月末以降順次入荷予定です。


モーターの重さは?
わずか1.95kgです。SL 1.1 モーターは、他のクランク搭載型モーターの約半分の重さです。


モーターの出力は?
SL 1.1 モーターは、ライダーのパワーを最大240ワットまで増幅させ、最大および持続トルクは35Nmです。ペダリング時に自然な感覚を得られるよう、モーターをチューニングして、幅広いケイデンス域で一貫した強力なサポートを提供します。


走行モードの種類とそれぞれのアシストレベルは?
アシストモードは、オフ、ECO、SPORT、TURBO、SMART CONTROLの5種類です。ECOはモーター出力の30%で、SPORTは60%で、TURBOは100%または240ワットで漕いだ力をアシストします。これら3つのモードのアシストレベルは、Mission Control アプリからお好みに合わせてほぼ無限に調整できます。アシストがオフのときは、普通のバイクを漕いでいるのと同じ状態になり、モーターは抵抗を生じさせないよう設計されています。
Mission Controlについて>


どのモデルも航続距離は同じ? その距離はどれくらい?
どのモデルもSL 1.1 モーターと320Whの内蔵バッテリーを搭載します。航続距離は使い方によって変わりますが、ECO モードで最長130km(80マイル)です。レンジエクステンダーを用いると、航続距離はさらに65km(40マイル)走れます。


レンジエクステンダーはどのVADO SLにも付属する?
いいえ、アフターマーケット製品として税込49,500円にてお買い求めいただけます。
レンジエクステンダーについて>

レンジエクステンダーはTURBO VADO SLにどうやって取り付けるの?
レンジエクステンダーは通常のウォーターボトルケージにすっぽりと収まりますが、特に荒れた路面では高い保持力が必要なため、スペシャライズド Z-Cageと付属のバンドのご使用を推奨します
スペシャライズドのケージをチェック>

航続距離に影響を及ぼすものは何? 少しでも航続距離を伸ばすには?
航続距離に影響を及ぼす要素はケイデンス、体重、体力、ポジション、バイクのスペック、バイクの重量、タイヤ、空気圧などたくさんあります。また、路面状況、標高、気候といった走行環境も航続距離に影響を及ぼします。アシストレベルを下げるほどバッテリーはより長持ちし、バッテリーの使用量がもっとも低いのは、ECO モードでの走行です。Turbo レンジカリキュレーターなら、いくつかの項目を記入するだけで、予想航続距離を知ることができます。


TURBO VADO SLが他のクランク搭載式e-Bikeよりはるかに軽いのはなぜ?
Turbo Vadoは、スマートウェルド・アルミフレームに軽量なSL 1.1 モーター、マグネシウム製ハウジング、フレーム内蔵式バッテリーを組み合わせることで軽量化を達成しています。


TURBO VADO SLのタイヤクリアランスは?
700c リムでは最大で42mm幅のタイヤを装着できます。フェンダーを使用する場合でも、最大で38mm幅のタイヤに対応します。


TURBO VADO SLで650B ホイールは使える?
はい、Turbo Vado SLは650bホイールと最大で47mm幅のタイヤを組み合わせられます。ハブの規格は、フロントが12x110mm、リアは12x148mmです。


TURBO VADO SLのファームウェアはアップデートされる?
Turbo Vado SLのファームウェアは、最寄りのTurbo取扱店に設置されたサービスプラットフォームのTurbo Studioを通してアップデートが可能です。接続したら、バイクが自動的に最新のファームウェアを探し、必要に応じてインストールします。


MISSION CONTROL アプリでできるモーターのチューニングはどの程度?
Mission Control アプリでは、ECO、SPORT、TURBOの3モードそれぞれに対し、最大出力とアシスト持続力の両方をほぼ際限なくチューニングできます。このアプリがあれば、Turbo Vado SLのモーターを一人ひとりの好みに合わせてカスタムできるようになります。当然、モーターとその動きを調整できるのはライダー本人だけであり、お住いの地域の法定速度以内(日本では時速24qまで)で調整を行えます。法定速度を超えるようモーターの出力を調整することはできません。

スマートコントロールの仕組みは?
MissionControlアプリのSmartControl機能では、走りたい距離と時間やライド終了後に確保しておきたいバッテリー残量を入力できます。次にこの機能は、これらの目標を達成できるよう、バッテリーのすべてを管理します。これを、バイクの状況を10秒ごとに確認する賢いアルゴリズムが行います。なお、アプリでSmartControlを立ち上げると、アシストモードをトップチューブ上のTCUから変更できなくなります。アシスト無しで走るというのは、モーターからいかなるサポートも得られないことを意味しますが、システムはオンのまま保たれ、走行データを記録し、アプリの画面やANT+ 対応デバイスに表示させる機能は残ります。


トップチューブ上にあるTURBO CONTROL UNITの仕組みは?
Turbo Control Unitには、2つのボタンとバッテリー残量を示す画面があります。下側のボタンはバイクをオン/オフにするときに押し、上側のボタンは3種類の走行モードやアシスト無しを選ぶときに押します。ボタンを押すと、モードが切り替わります。青色の円の1/3が光るとECOモード、2/3が光るとSPORTモード、円全体が光るとTURBOモードを示します。青色のライトすべてが消えるまでボタンを長押しすると、アシスト無しが選択されます。同様の操作が指先でより便利に行えるよう、ハンドルバーリモートも用意されています。


TURBO VADO SLの展開サイズは?
SM、MD、LGの3種類です。(XLは日本未展開)


TURBO VADO SLの充電方法は?
Turbo Vado SLには、ボトムブラケット真上にあるシートチューブ上のポートに挿し込むスペシャライズドの48V 充電器が付属します。レンジエクステンダーもこの充電器で充電します。充電器に挿し込んでから5秒後に、TCUが点灯して充電が開始されます。青色のバーがすべて点灯したら、充電は完了です。充電器の緑色のLEDは「スタンバイ」を、赤色のライトは「充電中」を示します。バイクがBluetoothの範囲内にある場合は、Mission Control アプリで充電状況を見ることができ、いつ頃充電が完了するかがわかります。


TURBO VADO SLの充電に要する時間は?
内蔵バッテリーを残量3%から100%に充電するには、約2時間35分を要します。レンジエクステンダーを残量3%から100%に充電するには、約3時間20分を要します。Y字型ケーブルを使用すると、内蔵バッテリーとレンジエクステンダーを同時に充電でき、残量3%から100%になるには約3時間20分を要します。

充電のために内蔵バッテリーを取り外せる?
Turbo Vado SLの内蔵バッテリーはフレームに完全に内蔵されており、フレームに取り付けたままの充電が想定されています。バッテリーを取り外すには、まずモーターを取り外す必要があります。このように内蔵式としたことで、Turbo Vade SLは驚異的な軽さを誇るのです。Turbo Creo SLを飛行機に乗せて移動する場合、内蔵バッテリーを取り外さないといけません。レンジエクステンダーは手荷物として持ち運ぶことができ、目的地に到着したら、レンジエクステンダーのみを使用してTurbo Creo SLに乗ることができます。内蔵バッテリーの取り外しはご購入店舗へご相談ください。(※飛行機での運搬可否に関しては、航空会社によって異なります。詳細は航空会社へお問い合わせください。)


バッテリーの残量が15%以下になったらどうなる?
バッテリーの残量が15%以下になると、Turbo Vado SLはモーターのパワーを自動的に75%に落とします。残量が10%ではパワーを50%に、残量が5%では25%に落とします。このパワー低下は、バッテリーの状態や長期の使用を考慮した仕組みです。バッテリーの残量が低下した状態で走行すると、バッテリーを再び充電するまで走行モードを選べない場合があります。

レンジエクステンダーの使用中は、内蔵バッテリーとレンジエクステンダーのどちらが最初に使われる?
レンジエクステンダーを使用すると、レンジエクステンダーと内蔵バッテリーを同時に消費するよう初期設定されています。Mission Control アプリでレンジエクステンダーを最初に消費するよう、設定を変更することもできます。

 

Turbo Vado SLについて詳しく>
e-Bikeの未来が、今ここに。超軽量なe-Bike Turbo Vado SL(ターボ ヴァド エスエル)デビュー>
Turbo Vado SLをオンラインストアでチェック>
 

関連記事
e-Bikeの未来が、今ここに。超軽量なe-Bike Turbo Vado SL(ターボ ヴァド エスエル)デビュー(2020年5月13日)
e-MTB Turbo Levo SL(ターボ リーヴォ エスエル)デビュー(2020年2月4日)
e-MTB Turbo Levo SL(ターボ リーヴォ エスエル)FAQ(2020年2月4日)
e-ロードバイク【Turbo Creo SL】に関するFAQ(2019年12月5日)
スペシャライズドから待望のe-ロードバイク【Turbo Creo SL】2020年春発売開始! (2019年12月5日)

2020/05/13

TURBO VADO SLに関するFAQ

軽々と持ち上げられる超軽量のTurbo Vado SLに関するFAQをご紹介します。

TURBO VADO SLに関するFAQ

 

TURBO VADO SLの発売時期は?
2020年5月末以降順次入荷予定です。


モーターの重さは?
わずか1.95kgです。SL 1.1 モーターは、他のクランク搭載型モーターの約半分の重さです。


モーターの出力は?
SL 1.1 モーターは、ライダーのパワーを最大240ワットまで増幅させ、最大および持続トルクは35Nmです。ペダリング時に自然な感覚を得られるよう、モーターをチューニングして、幅広いケイデンス域で一貫した強力なサポートを提供します。


走行モードの種類とそれぞれのアシストレベルは?
アシストモードは、オフ、ECO、SPORT、TURBO、SMART CONTROLの5種類です。ECOはモーター出力の30%で、SPORTは60%で、TURBOは100%または240ワットで漕いだ力をアシストします。これら3つのモードのアシストレベルは、Mission Control アプリからお好みに合わせてほぼ無限に調整できます。アシストがオフのときは、普通のバイクを漕いでいるのと同じ状態になり、モーターは抵抗を生じさせないよう設計されています。
Mission Controlについて>


どのモデルも航続距離は同じ? その距離はどれくらい?
どのモデルもSL 1.1 モーターと320Whの内蔵バッテリーを搭載します。航続距離は使い方によって変わりますが、ECO モードで最長130km(80マイル)です。レンジエクステンダーを用いると、航続距離はさらに65km(40マイル)走れます。


レンジエクステンダーはどのVADO SLにも付属する?
いいえ、アフターマーケット製品として税込49,500円にてお買い求めいただけます。
レンジエクステンダーについて>

レンジエクステンダーはTURBO VADO SLにどうやって取り付けるの?
レンジエクステンダーは通常のウォーターボトルケージにすっぽりと収まりますが、特に荒れた路面では高い保持力が必要なため、スペシャライズド Z-Cageと付属のバンドのご使用を推奨します
スペシャライズドのケージをチェック>

航続距離に影響を及ぼすものは何? 少しでも航続距離を伸ばすには?
航続距離に影響を及ぼす要素はケイデンス、体重、体力、ポジション、バイクのスペック、バイクの重量、タイヤ、空気圧などたくさんあります。また、路面状況、標高、気候といった走行環境も航続距離に影響を及ぼします。アシストレベルを下げるほどバッテリーはより長持ちし、バッテリーの使用量がもっとも低いのは、ECO モードでの走行です。Turbo レンジカリキュレーターなら、いくつかの項目を記入するだけで、予想航続距離を知ることができます。


TURBO VADO SLが他のクランク搭載式e-Bikeよりはるかに軽いのはなぜ?
Turbo Vadoは、スマートウェルド・アルミフレームに軽量なSL 1.1 モーター、マグネシウム製ハウジング、フレーム内蔵式バッテリーを組み合わせることで軽量化を達成しています。


TURBO VADO SLのタイヤクリアランスは?
700c リムでは最大で42mm幅のタイヤを装着できます。フェンダーを使用する場合でも、最大で38mm幅のタイヤに対応します。


TURBO VADO SLで650B ホイールは使える?
はい、Turbo Vado SLは650bホイールと最大で47mm幅のタイヤを組み合わせられます。ハブの規格は、フロントが12x110mm、リアは12x148mmです。


TURBO VADO SLのファームウェアはアップデートされる?
Turbo Vado SLのファームウェアは、最寄りのTurbo取扱店に設置されたサービスプラットフォームのTurbo Studioを通してアップデートが可能です。接続したら、バイクが自動的に最新のファームウェアを探し、必要に応じてインストールします。


MISSION CONTROL アプリでできるモーターのチューニングはどの程度?
Mission Control アプリでは、ECO、SPORT、TURBOの3モードそれぞれに対し、最大出力とアシスト持続力の両方をほぼ際限なくチューニングできます。このアプリがあれば、Turbo Vado SLのモーターを一人ひとりの好みに合わせてカスタムできるようになります。当然、モーターとその動きを調整できるのはライダー本人だけであり、お住いの地域の法定速度以内(日本では時速24qまで)で調整を行えます。法定速度を超えるようモーターの出力を調整することはできません。

スマートコントロールの仕組みは?
MissionControlアプリのSmartControl機能では、走りたい距離と時間やライド終了後に確保しておきたいバッテリー残量を入力できます。次にこの機能は、これらの目標を達成できるよう、バッテリーのすべてを管理します。これを、バイクの状況を10秒ごとに確認する賢いアルゴリズムが行います。なお、アプリでSmartControlを立ち上げると、アシストモードをトップチューブ上のTCUから変更できなくなります。アシスト無しで走るというのは、モーターからいかなるサポートも得られないことを意味しますが、システムはオンのまま保たれ、走行データを記録し、アプリの画面やANT+ 対応デバイスに表示させる機能は残ります。


トップチューブ上にあるTURBO CONTROL UNITの仕組みは?
Turbo Control Unitには、2つのボタンとバッテリー残量を示す画面があります。下側のボタンはバイクをオン/オフにするときに押し、上側のボタンは3種類の走行モードやアシスト無しを選ぶときに押します。ボタンを押すと、モードが切り替わります。青色の円の1/3が光るとECOモード、2/3が光るとSPORTモード、円全体が光るとTURBOモードを示します。青色のライトすべてが消えるまでボタンを長押しすると、アシスト無しが選択されます。同様の操作が指先でより便利に行えるよう、ハンドルバーリモートも用意されています。


TURBO VADO SLの展開サイズは?
SM、MD、LGの3種類です。(XLは日本未展開)


TURBO VADO SLの充電方法は?
Turbo Vado SLには、ボトムブラケット真上にあるシートチューブ上のポートに挿し込むスペシャライズドの48V 充電器が付属します。レンジエクステンダーもこの充電器で充電します。充電器に挿し込んでから5秒後に、TCUが点灯して充電が開始されます。青色のバーがすべて点灯したら、充電は完了です。充電器の緑色のLEDは「スタンバイ」を、赤色のライトは「充電中」を示します。バイクがBluetoothの範囲内にある場合は、Mission Control アプリで充電状況を見ることができ、いつ頃充電が完了するかがわかります。


TURBO VADO SLの充電に要する時間は?
内蔵バッテリーを残量3%から100%に充電するには、約2時間35分を要します。レンジエクステンダーを残量3%から100%に充電するには、約3時間20分を要します。Y字型ケーブルを使用すると、内蔵バッテリーとレンジエクステンダーを同時に充電でき、残量3%から100%になるには約3時間20分を要します。

充電のために内蔵バッテリーを取り外せる?
Turbo Vado SLの内蔵バッテリーはフレームに完全に内蔵されており、フレームに取り付けたままの充電が想定されています。バッテリーを取り外すには、まずモーターを取り外す必要があります。このように内蔵式としたことで、Turbo Vade SLは驚異的な軽さを誇るのです。Turbo Creo SLを飛行機に乗せて移動する場合、内蔵バッテリーを取り外さないといけません。レンジエクステンダーは手荷物として持ち運ぶことができ、目的地に到着したら、レンジエクステンダーのみを使用してTurbo Creo SLに乗ることができます。内蔵バッテリーの取り外しはご購入店舗へご相談ください。(※飛行機での運搬可否に関しては、航空会社によって異なります。詳細は航空会社へお問い合わせください。)


バッテリーの残量が15%以下になったらどうなる?
バッテリーの残量が15%以下になると、Turbo Vado SLはモーターのパワーを自動的に75%に落とします。残量が10%ではパワーを50%に、残量が5%では25%に落とします。このパワー低下は、バッテリーの状態や長期の使用を考慮した仕組みです。バッテリーの残量が低下した状態で走行すると、バッテリーを再び充電するまで走行モードを選べない場合があります。

レンジエクステンダーの使用中は、内蔵バッテリーとレンジエクステンダーのどちらが最初に使われる?
レンジエクステンダーを使用すると、レンジエクステンダーと内蔵バッテリーを同時に消費するよう初期設定されています。Mission Control アプリでレンジエクステンダーを最初に消費するよう、設定を変更することもできます。

 

Turbo Vado SLについて詳しく>
e-Bikeの未来が、今ここに。超軽量なe-Bike Turbo Vado SL(ターボ ヴァド エスエル)デビュー>
Turbo Vado SLをオンラインストアでチェック>
 

関連記事
e-Bikeの未来が、今ここに。超軽量なe-Bike Turbo Vado SL(ターボ ヴァド エスエル)デビュー(2020年5月13日)
e-MTB Turbo Levo SL(ターボ リーヴォ エスエル)デビュー(2020年2月4日)
e-MTB Turbo Levo SL(ターボ リーヴォ エスエル)FAQ(2020年2月4日)
e-ロードバイク【Turbo Creo SL】に関するFAQ(2019年12月5日)
スペシャライズドから待望のe-ロードバイク【Turbo Creo SL】2020年春発売開始! (2019年12月5日)

CALENDAR/カレンダー

<< 2020年10月 >>

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

TAG/タグ

TAG/タグ